元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です
劇団芸昇 評価2.5

劇団の私の評価 (5.素晴らしい 4.かなり良い 3.なかなか良い 2.まずまず 1.いまひとつ)
基準は、あくまで私が好きかどうかのみ



劇団芸昇は、11月に6回観ることができた
今年代替わりをしたばかりで、みやま昇太座長もみやま太一座長も、まだ20歳そこそこの若者
みやま大吾花形に至っては、16歳くらいだった
したがって芝居の方は、これからに期待、といったところ
若いんだから、どんどん芝居も良くなっていくだろう
みやま昇太座長の方が若いが、演技にキラリ光るものがあり、みやま太一座長の演技は、まだまだ、といったところ
芝居では、みやま昇吾代表と、みやま春風頭取が支えている
初めて見る外題だから、どんな芝居なのだろう、と見てみると、定番の芝居の結末を変えたものだったりというのが多かったところに劇団芸昇の特徴があった
ラストショウでは、芝居調の凝った演出のものによくあたったので良かったし、若い感性のラストショウも
キラリ光るものがあった、と私は思う
観客へのサービスなのだろう、芝居もショウも長いので、いつも公演時間が予定より30分以上長引いていた
いつも一生懸命なのは好感が持てる
最期に、みやま昇太座長の口上の挨拶が面白い
20歳そこそこであれだけ喋れれば、将来が楽しみだ
人気劇団の座長というのは、総じて喋りも上手である
トーク力というのも、大衆演劇では大切な要素なのだ

CIMG1918 - コピー - コピー
CIMG2396 - コピー - コピー

このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yamagutijiji.blog39.fc2.com/tb.php/2294-d022f8f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック