元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

第二部 芸題 血煙り笠

<あらすじ>
親分(黒潮次郎総座長)の命令で、敵対する一家の二宮親分を殺した罪で、島に行った国松(黒潮音之副座長)が3年振りに一家に帰ってきた
ところが横内勘蔵親分に、国松は女房を寝盗られ、病の母は薬を与えられず死んでいた
あまりの仕打ちに国松は、
親分あの時、おめえの家族は俺が面倒みるから、あとのことは心配するな、という約束だったじゃありませんか
と親分に文句を言うも、親が白と言えば黒いものも白だ、おめえは逆らうのか、とけんもほろろで
国松は一家のみなに袋叩きにあい、額に傷までつけられた
やけになった国松は、逆縁を切り殴りこもうとすると、通りかかった女侠客が国松を止め、
馬鹿なことはおやめなさい、それよりもこれを機に堅気になってはどうか、と財布の金を与えた
女侠客に説得され、長屋に帰る国松
盲の妹と貧乏な長屋にいると、国松の島での兄弟分の白(黒潮音松副座長)が長屋を訪ねてくる
久々の再開を喜びあう二人だったが、国松からいきさつを聞いた白は、一計を案じ横内勘蔵一家へ乗り込む・・・


<感想>
一幕五景、約55分の芝居
初見の芝居だが、わっしが好きな渡世人の芝居やった
黒潮劇団は、ぽんぽんぽんぽん、展開が早いね
あまり間をおかず、台詞が入って、山もあげる
国松は悲劇的最期を遂げるが、兄弟分の白が仇を討つ勧善懲悪の芝居
悲劇と言うより、娯楽色の方が強い感じやった
私にとって、久しぶりのS級の芝居だった
なかなか良い芝居 S級3


CIMG3216 - コピー
芝居終演後の口上挨拶 黒潮幸次郎座長
今後の芝居の紹介、劇団グッズ紹介など
黒潮幸次郎座長は、今年が芸道30周年だそうで、正月公演の松山劇場を振りだしに全国を回るとのこと
昨年は黒潮次郎総座長が50周年だったが、黒潮劇団にとっては今年も勝負の年となりそうだ

CIMG3214 - コピー
CIMG3200 - コピー CIMG3208 - コピー
CIMG3209 - コピー CIMG3213 - コピー
CIMG3211 - コピー CIMG3212 - コピー

CIMG3219 - コピー CIMG3220 - コピー

CIMG3217 - コピー
CIMG3221 - コピー


koma02_b.jpg


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yamagutijiji.blog39.fc2.com/tb.php/2311-29c2b834
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック