元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

第2回J(ジャスティス)映画学園松山『ウォーレン・オーツ祭り』は、このようなタイムスケジュールだった
   プログラム:  杉作J太郎トーク①        19:30~
            「コック・ファイター」 上映    20:00~
            杉作J太郎トーク②        21:30~23:10くらい

           特別料金 1,800円均一 
                  ☆先着プレゼント 「コック・ファイター」クリアファイル
観客は、15人くらいやったんじゃなかろうか
雪の予報が出て、寒かったからねえ

CIMG3640 - コピー
画像は、いただいた「コック・ファイター」クリアファイル
ありがとうござんす

映画 コックファイター

<あらすじ>
闘鶏に命をかける主人公(ウォーレン・オーツ)は、ライバルに敗れ財産を失う
だが彼は私生活や女を犠牲にしてまで、闘鶏に全てを捧げ、ライバルを打ち破っていく

<感想>
アメリカの南部、闘鶏で賞金というか、かけ金を稼ぐのを生業とする、人々を描いている
闘鶏を描いた映画というのは他にもあるのだろうか
私は見たことも聞いたこともないが、けっこう興味深い世界だった
アメリカにも闘鶏があるのが意外だったが、鶏の足に鋭利な刃物のような太い針を縛りつけ戦わせる
その太い針で敵の急所を刺し、致命傷を与え勝敗の決着が着くことが多い
激戦ともなれば、勝った闘鶏も死んでしまうこともあるので、大会が終われば鶏の死体が浴槽の中に折り重ねて積まれてるシーンがある
アクションシーンは、鶏が担っており、けっこう迫力があったなあ
まあ、日本にも、虫同士の戦い(例えばヒラタクワガタ対タランチュラなど)をドキュメント風の映画にしたのもあるくらいなので、映画の世界は何でもありなのだ
2年前にライバルとの戦いに敗れた主人公は、願かけでリベンジを果たすまで喋らないことを決意
だから、ライバルとの戦いに勝利したあとの最期の場面や、回想シーン以外、主人公を演じたウォーレンオーツは、劇中喋らない、というのも変わっている
いかにもB級という感じで、ロードムービーでもある
なるほど制作が、低予算映画の帝王と呼ばれるロジャー・コーマン
当時、ハリウッドがアメリカの映倫のようなところに、ガチガチに表現が制限されて品のいい映画を作ってたのに対し、
さしずめインディーであるロジャー・コーマンが、血、暴力、セックス、ドラッグ、といった低俗な娯楽作品を提供していた
ロジャー・コーマンは、アメリカの映画史的にはけっこう重要な人物である
ジェームズ・キャメロン、ジョナサン・デミ、デニス・ホッパー、ピーター・フォンダ、ロバート・デニーロ、マーティン・スコセッシなどなど、ロジャー・コーマンの映画からキャリアをスタートし、その後ブレークした人も多い
アカデミー賞に3度輝いたジャック・ニコルソンは、ロジャー・コーマンの下で脚本を書いてたはずだ
私が好きな、映画イージーライダーも、ロジャーコーマンの作ったワイルドエンジェルス、白昼の幻想などが制作の布石となっている
日本でいえば、低予算のにっかつロマンポルノで映画人生を始め、その後著名になった監督や役者がいるのに似ている
さて、今作のコックファイターだが、ひとことで言えば、変わった映画であった、というのが強い印象にござんす


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
関連記事
コメント
この記事へのコメント
僕の出身は大阪の河内地域なのだけれど、闘犬とか闘鶏が盛んだった。

川谷拓三主演の映画『河内のオッサンの唄』にも闘鶏のシーンがありました。
2016/01/28(木) 23:46 | URL | Anthony #-[ 編集]
Anthonyさん
へええ、そうなんですかあ
そんなの見たことないけれど、
世の中にはいろいろな趣味の人がいるんやねえ
2016/02/09(火) 23:34 | URL | 山口ジジイ #-[ 編集]
勝新の『悪名』の世界どおり、ひと昔前の河内地方はギャンブルだらけ。

ウチの亡父も博徒でした。(笑)

2016/02/10(水) 23:42 | URL | Anthony #-[ 編集]
Anthonyさん
そうやったんやあ
初めて聞きました
博徒だったのかあ、いろいろあった人生だったのですねえ
2016/02/17(水) 00:41 | URL | 山口ジジイ #-[ 編集]
父親の一生は、悪名並みです。自伝書いてもらいたかったです。

2016/02/17(水) 23:40 | URL | Anthony #-[ 編集]
Anthonyさん
勝新、田宮の悪名ですかあ
それは凄い人生でしたなあ
2016/02/21(日) 00:06 | URL | 山口ジジイ #-[ 編集]
最後は、医療ミスで病院で死す。ですが・・・
2016/02/21(日) 23:22 | URL | Anthony #-[ 編集]
Anthonyさん
そうでしたか
医療ミスで
壮絶です
2016/03/02(水) 11:12 | URL | 山口ジジイ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yamagutijiji.blog39.fc2.com/tb.php/2328-643be8b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック