元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

私は、九州劇団の芝居が性に合う、男くさい大げさな演技が好きなのである
今月の劇団ふじは、昨年6月の宝海劇団以来、実に半年ぶりの九州演劇協会の公演だった
松山劇場には現在、ほぼ九州演劇協会は乗らないので、待ちに待ったという感じで、劇団ふじの公演は楽しみだった
劇団ふじで修行をし独立した、劇団KAZUMAの芝居も私は好きだし、本家の劇団ふじの芝居も性に合う
お兄さんの劇団双六との比較でいえば、劇団ふじの方が、芝居が古臭い昔の大衆演劇の感じがして、私好み
劇団双六は、私の苦手な若葉しげるに影響を受けてるらしく、一般的な九州芝居とは異なる印象だった
私は、劇団双六の入場者プレゼントでいただいたDVDを持っているが、劇団ふじが三代目藤ひろし座長をゲストでに迎えた、元禄万治という芝居で、これが実に大衆演劇らしい渡世人の悲劇で、主役を演じたゲストの三代目藤ひろしは、男っぽい演技をしてて、とても良かった
嗚呼、元禄万治のような芝居をもっとしてくれたら、劇団双六をもっと好きになれたのになあ、と非常に残念であった
劇団ふじは、劇団双六よりも、私の好きな重たい芝居が上手な印象である

第一部 外題 浅間の喜太郎 親恋道中

<あらすじ>
浅間の喜太郎(藤仙太郎座長)は、病がちのおさき(美月こと)を不憫に思い、薬代を作るために、黒川大五郎から金で人斬りを請け負った
そして、山根清平衛親分(初代藤ひろし)と対峙し、勝負を挑む
喜太郎が勝ったが、聴くと観るとは大違い、山根清平衛親分は実に立派な人物だった
喜太郎から人斬りを請け負った訳を聞き出し同情し、これを持って行け、と財布ごと金を与える
さらには、俺の子分たちに追われるから早く逃げろ、と喜太郎身を案じてくれた
そんな立派な人物に手をかけた喜太郎は、著しく後悔するがあとの祭り
喜太郎は、親分に深く礼を言って去り、おさきに薬代を渡し、故郷へ逃げていく
実家で6年振りに母(美月里笑責任者)と再会するも、故郷を捨て母を捨てやくざとなり行方知れずだった喜太郎を、母は許してくれなかった
喜太郎が、おっかさん親子名乗りをしてくれ、といくら頼んでも、それはできないの一点ばり
そこへ、山根一家二代目となった若親分(藤虎太郎)が、お前が喜太郎か親の仇だ覚悟しろ、と子分を連れて訪れる・・・

<感想>
一幕四場、約65分の芝居
私も他劇団で観たことのある定番の芝居だが、この作品は、途中から喜劇で演じられることが多い
悲劇が好きで、喜劇が苦手な私は、あまり好きな芝居ではないので、この日行こうかどうか迷ったほどだ
よく覚えてるのが、劇団三桝屋の浅間の喜太郎では、途中から母親を演じる市川市二郎が主役となり暴走する
母親と若親分の掛け合いが、まるで漫才のようで、市二郎座長が、
なんで俺が母親役なんだ、俺はお前がやってる若親分の役がやりたかったんだあ、俺が座長なんだぞー
みたいな感じで、芝居の本編から大きく逸脱していく
市川市二郎座長は、笑わせるのも上手なので、これはこれでおもろかったけどね
三桝屋に限らず、シュールに大きく脱線する喜劇の演出をする劇団は多いと思う
それらとの比較で言えば、劇団ふじ版は、終盤笑いのモードにも入るのだが、比較的大人し目なのが特徴で、
あくまでも芝居の筋の中での笑いだし、定番の「喜太郎がきたろう」も間が良く、緊張の緩和になってたように思う
また、浅間の喜太郎の人情芝居が、しっかりしてて出来が良く、笑いはなくても成立するほどだった
これは、伝統ある劇団ふじの、芝居の確かさですなあ
多分劇団ふじは、冒頭に記した元禄万治のような重たい芝居が上手なはずで、今月の赤垣源蔵や喧嘩屋五郎兵衛といった重たい悲劇を観れなかったのが、とても残念だ
喜太郎を演じた藤仙太郎座長も良かったが、一番かっこいい役の二の線の若親分を演じた藤虎太郎が良かったねえ
虎太郎はやくざ者が良く似合うねえ、演技もいいし、笑わせるのも上手だし、話も面白く、油の乗ったいい役者だねえ
あとは、美月里笑責任者のいかにも大衆演劇役者といった口跡がいい
おそらく腹からの役者なのだろうねえ、年季が入ってる
これは噺家が、毎日毎日寄席で落語を喋るので、普段でも独特の言い回しをしてるのに似てますなあ
テレビに良く出るタレント落語家はこの限りに非ずだが、寄席を主戦場にしてる本当の落語家は、口跡がいいんよね
ちょっと脱線しましたが、
なかなか良い芝居であった S級3


CIMG3752 - コピー
芝居終演後の口上挨拶 この日は、藤優馬
今後の芝居予定、座員美月かえでの紹介、グッズ紹介など
初めて口上を聞いたが、トークも上手だねえ優馬さん、びっくりした
藤虎太郎が、引き分け幕というのかな、後ろの幕から顔を出し睨むので、場内かなり笑ってた

CIMG3803 - コピー
CIMG3804 - コピー


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
関連記事
コメント
この記事へのコメント
安心してください!マツゲキに乗りますよ!
流行りの「お外題」をつけてみましたがいかがですか

4月に1月まで鈴成座にいた劇団都がやってきますよ!
2月和歌山ぶらくり、3月香川城山、4月松山劇場です
都4兄弟の末っ子、藤乃かな座長、都京弥座長のご夫婦の劇団です
まず確実に三条すすむ、もしくは愛京香のどちらかはゲストに来るはず
あと、玄海竜二が来るかも!
これはあまり期待せずに楽しみにしててください…
1月27日鈴成での玄海ゲストの際、玄海様ご本人と両座長に松山劇場ゲストの事を進言させていただきました
ただし、鈴成座に乗ってもらうのにも、しつこく玄海さんと両座長をいろいろ追い回してようやく…という感じですので可能性は不透明です
(勿論、今回の公演も私の「追い回し」によって実現したわけではありません)
もし松山劇場が実現すれば、私も確実に遠征すると思います

「九州演劇協会」のくくりで言えば、劇団都も宝海劇団も「~っぽい」感じではない気がします
私は「劇団ふじ系」はまだ見たことがないので是非見てみたいです
(血統がこちらの方が本筋、ということは聞いてました)
あ、KAZUMAも一応入るのかな?それならアリ
私の中で一番「九州ぽいなぁ」というイメージなら劇団花車の姫京之助と姫錦之助です
京之助さんは古いタイプ、錦之助さんは新旧バランスの取れたタイプ、という気がします
少し話は飛びますが、最近見た中で一番「古き佳きジジくさい」お芝居だったのが「大日方満」さんでしたw(ついで、市川恵子)

今回の機会を逃すと遠征に行かない限り今後松山で玄海竜二を見ることは難しいと思うので、私と一緒にお祈りしましょう…
それではお体に気を付けて、いつも楽しい記事ありがとうございます
(^^)ノシ

2016/02/01(月) 01:29 | URL | やっちん #-[ 編集]
やっちんさん
劇団都が松劇に乗りますか
見たい劇団の一つだったので、これは嬉しい出来事でござんす
しかし松山劇場に乗るのは奇妙なお話ですな
演芸社により、乗る劇団が決まっており、松山劇場は大阪の山根、奥道後劇場は浜松の演芸社の所属する劇団が通常乗るんですよ
でも、例外もありまして、両方の劇場に乗ったのが二劇団ありまして、新生真芸座、本家真芸座の両劇団です
あくまでも原則として、ということなのかもしれませんね
まあ理由は良く分かりませんが、いずれにせよ松山劇場で劇団都が見れるのは、大歓迎です
藤乃かなを見れたら、都四兄弟コンプリートです
相互にゲスト出演してる兄弟劇団なので、三条すすむゲストの可能性は確かに高いですね
三条すすむがくるならば、長兄で劇団都創設者の都京太郎も一緒にくるかも
2人とも芝居が上手な役者なので、これも嬉しい
さて、玄海竜二
私にとって、まだ見ぬ巨人ですから、これは絶対見たい
いやああ、実現するといいなあ
ほんとうに、祈願しますよ
やっちんさんも、是非遠征されてください
2016/02/09(火) 23:56 | URL | 山口ジジイ #-[ 編集]
追記です 残念…
こんばんは
2月15日和歌山ぶらくり劇団都 三条すすむゲストに行ってきました
勿論、再度松劇への玄海会長ゲストのお願いが一番の目的でした

残念ながら松劇への会長の出演はないそうです…
というのも玄海会長は熊本在住なのですが、ご自分の劇場とホテルの劇場の館長を務めていらっしゃって熊本空港との直行便がないと厳しいそうです
私個人的に松山の人達にも是非見て頂きたかったのですが、こればかりは残念ですね…
玄海竜二を通常公演で呼ぶ可能性のある劇団は
劇団都>>長谷川武弥劇団>>かなり下がって劇団花車という感じ
(ちゃんと理由があるのですがここでは割愛します)
とは言っても九州では毎年座長大会やってるから、そこまでプレミア感を感じる程でもないと言われればそれまでですが

というわけで、私の「道後やや」にしようか「カンデオホテル」にしようかというワクワクも消え失せたのでしたw
調べたところ、劇団武るは4月和歌山、長谷川劇団は4月福岡なので、ゲスト出演はあると思います
ちなみに今日2月18日横浜の劇団武るにおいて、三条すすむ、伍代孝雄、藤乃かな、都京弥という武る以外では不可能なメンツが実現しています(昨年2月の松劇での伍代・長谷川夫妻以上にレア)

それでは、いつも楽しい記事ありがとうございます(^-^)ノシ
2016/02/18(木) 20:37 | URL | やっちん #-[ 編集]
やっちんさん
いつもいろいろな情報ありがとうござんす
そうですかあ、玄海竜二来ないの決定かあ
残念至極ですう
まあ、しょうがない
いつか観ます、必ず
劇団都、非常に楽しみです
松山は地の利が悪いので、ゲストが少ないのですが、きっと三条すすむと都京太郎は来てくれるでしょう
嗚呼、早く4月が来ないかなあ
あったかくなるしw
2016/02/21(日) 00:11 | URL | 山口ジジイ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yamagutijiji.blog39.fc2.com/tb.php/2333-e61a98a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック