元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です
第一部 顔見世ミニショウ

CIMG3824 - コピー
私が着いたのが、18:20分くらいだったかなあ
顔見世ラストの黒潮次郎総座長の個人舞踊の最期の方だけ、かろうじて拝見できた
多分、6~7本あったと思われる

第二部 芸題 伊三郎バラード

<あらすじ>
代貸の伊三郎(黒潮幸次郎座長)が仕える一家の親分(黒潮次郎総座長)は、酒を飲んだら虎狼
一時、医者の勧めで酒をやめていたものの、料亭で酒を飲んでしまった親分は、子分たちを前に大暴れをした
そんなある日、酔っぱらった親分に、伊三郎は盃を水にされる
伊三郎は袂を分かつ
親分は、嫁(舞智香)に、あいつはこんな一家にはいない方がいいんだ、と嘯いた
一家はさらに衰退し、子分も愛想をつかし出て行く
川向こうの一家へリクルートされた子分たち(音之、優、新道)は、この元の親分を3人でズタズタに斬り殺した
それを知った伊三郎は、長脇差を手に敢然とこの3人と対峙するが・・・

<感想>
一幕四場、約40分の芝居
うーむ、なんとも短い芝居でしたなあ
黒潮劇団は、芝居が短いのが特徴
さてこの芝居は、いかにも大衆演劇らしい、いわば悲劇で私好みではあるのだが、なんというのだろう、
コンパクト過ぎて、物足りなさは否めない
次郎総座長の悪い役、幸次郎座長のかっこ良さは、伝わるのだが、もう少しディテールにこだわり演出して欲しかった
まあ、黒潮劇団は、多分舞踊ショウに力を入れてると思われるので、これは仕方のないことなんやけど
あちらを立てれば、こちらが立たず、なのだろう
私が物足りなさを感じる分、舞踊ショウを観たい観客は芝居が短くて得をした、と思うだろう
たっぷり演じれば、いい芝居なんだろうなあ、と私にとってはやや残念な印象
なかなかの芝居 A級1


CIMG3825 - コピー
芝居終演後の口上挨拶 黒潮幸次郎座長
今後の芝居の紹介、劇団グッズ紹介など
早いものですなあ、もう千秋楽が近い

CIMG3823 - コピー

このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
関連記事
コメント
この記事へのコメント
演劇
風呂に入ってからの演劇をまた見てみたいものです。
2016/01/31(日) 10:17 | URL | 凡・ハヤト #kmBhwWbA[ 編集]
凡・ハヤトさん
いわゆるセンターのお芝居ですな
大衆演劇と、温泉とは、とても相性のいい組み合わせだと思います
2016/02/09(火) 23:38 | URL | 山口ジジイ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yamagutijiji.blog39.fc2.com/tb.php/2335-d12f2acc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック