元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です
黒潮劇団 評価3.0

劇団の私の評価 (5.素晴らしい 4.かなり良い 3.なかなか良い 2.まずまず 1.いまひとつ)
基準は、あくまで私が好きかどうかのみ



黒潮劇団は、5回観劇できた
昨年1月のOS劇場の特別ゲストで、黒潮次郎総座長を拝見し、その口跡の良さに一目惚れだったので、
今回の松劇での公演は待ちに待ったものだった
さて、芝居は、私の好きな渡世人の悲劇っぽいのが多くて好みなのだが、芝居の時間が短いのが残念だった
45分前後の芝居が多かったのではなかろうか
4時間ある松劇ふれあい公演でも、芝居が45分ほどだったので、短い芝居が主流というのは間違いない
芝居が短いと、どこかを省略するわけで、まあそれなりに辻褄は合わせてるのだがダイジェストっぽくなってしまう
しつこい演出ができないので、泣けない
泣くには、愁嘆場を引っ張り、何度も何度も泣かせる演出を繰り返すことが必要
例えば、春陽座の人情芝居が泣けるのは、くどい演出のおかげ
長崎の夢、やったかな
子役を使った人情芝居やけど、愁嘆場で、主人公、主人公の親方、主人公の義理の子供、といった具合に
三人が波状攻撃で客を泣かせにかかる
たまる涙を瞼で受けて、なぞと言うが、普段なら泣かなくてすむところを、くどくしつこく長時間に渡って愁嘆場が続く
ので、瞼で堪え切れず感涙してしまうわけだ
したがって、芝居が短い黒潮劇団では、泣けなかったというわけですな
まあ、大衆演劇は、客の観たいものを見せる、がモットーなので、黒潮劇団はショウを長くして、芝居よりショウを目当てに来てる客をターゲットにしてるのかもしれない
黒潮次郎総座長は、悪役を演じることも多かったが、口跡がいいねえ
黒潮幸次郎座長は、まだちょっと弱い感じだ
まだまだ、黒潮劇団には、黒潮次郎総座長の看板は外せない

顔見世ショウは6本ほどあり、顔見世ラストでは、黒潮新道を仲間はずれにする、という演出が多かった
けっこう笑えた
舞踊ショウは、新日本舞踊が多いが、黒潮優、黒潮新道は、今風の曲に合わせた踊りをすることもある
黒潮幸次郎座長と黒潮次郎総座長が、それぞれ歌を披露し、トークも面白い
黒潮幸次郎座長の黒潮列車は、毎回繰り返されるので耳に残り、聴いて帰らないとすっきりしないくらいになった
ちょうど劇団飛翔の、恋瀬川翔炎座長の炎に当たる曲であすなあ
ラストショウは、一曲の総踊りが多かった印象だが、派手で力強いものが多い

CIMG3916 - コピー - コピー
CIMG3915 - コピー

このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
関連記事
コメント
この記事へのコメント
黒潮劇団さん、アタシは4回しか行けませんでした(;o;)
総座長の女形をもっと観たかったのですが、なかなか行ける日がなくて残念です(T-T)

お芝居は確かに短めでしたね。
アタシもくどいぐらいの芝居が好きなので、少し物足りなさを感じました。
3年前のマツゲキ公演も何度か観に行ってるんですが、お芝居は総座長しか印象に残ってないんですよね…
たぶん自分的に舞踊重視で観てた時期なので、記憶に残っておりませんでした(^-^;
幸次郎座長の黒潮列車は3年前も聴いた記憶があります(*´ω`*)
黒潮列車、また聴きたいなぁ~☆
2016/02/10(水) 03:52 | URL | JEWEL #w4Ib0zSU[ 編集]
確かに、黒潮次郎座長の女形は、きれいでしたね
えもいわれない色気に、メロっとなりましたよ
黒潮幸次郎座長が、いま一つの印象なのですよね
このあたりが、紅劇団とも似ているのです

2016/02/17(水) 00:40 | URL | 山口ジジイ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yamagutijiji.blog39.fc2.com/tb.php/2343-091c030e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック