元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です
さて、九州福岡出身の市川英儒座長率いる三つの魂は、どんな芝居だったのか

第二部 芸題 三つの魂 バテレン鬼十郎

<あらすじ>
元盗賊だった卯之吉(英昇龍)は、今は堅気となり髪結いをして女房、子供を養っている
そこへ、盗賊バテレン組の首領、鬼十郎(英風舞)がやってくる
卯之吉、堅気になりてえなら、50両もってこい、さもなければ錠前破りをもう一度するんだ
嫌と言うなら、おめえの女房子供がどうなってもいいんだな
首領鬼十郎の冷たい言葉に、心ならずも卯之吉は、これで最後と大店の錠前破りをする
千両箱を運び出す段になり、役人に囲まれる
卯之吉は捕まりかけるが、鬼十郎が体を張って卯之吉を逃がした
卯之吉が家に逃げ帰り事情を説明し、女房お菊(英さゆり)と共にすぐに逃げようということとなるが、目明し(英虎博)が現れ御用となった
卯之吉は潔く捕縛を受けるが、ふとしたきっかけで、目明しと女房お菊が兄妹だということが分かる
島原でバテレン狩りにあい、両親は子供だけでも助かってほしいと、二人に長兄を加えた三人を逃がしたのだったが、逃避行のすえに三人はバラバラとなったのであった
目明しは、妹の夫の卯之吉に情をかけ捕縛を解き逃がそうとするが、上役の同心(市川英儒座長)がやってきて見つかってしまう
その時、奥の間に潜んで様子を窺っていた鬼十郎が現れ、
お役人、バテレン組にいた錠前破りの卯之吉はこいつじゃありません、と庇う・・・

下っ引き 三(市川侃汐朗)

<感想>
一幕三場、約1時間の狂言
今回も、いい芝居だった
バテレン鬼十郎を座長が演じなかったのは意外だったが、役者それぞれがそれぞれの役割を堅実に果たしていた
この芝居は、けっこう役者の人数が必要だ
3兄妹に、卯之吉、同心、コメディーリリーフの三
少なくとも、この6人の役を演じるのには、一定の水準を超えた役者6人が必要
なぜなら、6人が主役をリレーする芝居だから
芝居の前半は、卯之吉が主人公
鬼十郎に脅され苦悩する卯之吉を昇龍が好演した
今まで3回、優伎座の公演を観たけれど、こういった重要な役を演ずる昇龍は初めてだったが、なかなか良かった
役者として成熟してるねえ
この日、コメディーリリーフを演じ笑いを一手に引き受けた市川侃汐朗も、客席を笑わせ、人情劇の緊張緩和になっていた
他の4人も一定の基準を超えていた、と私は思う
優伎座は、役者の粒が揃っていると思う
キャーキャー言われるアイドル性は無いかもしれないが、ちゃんと良質な芝居を見せてくれる実力がある
2月3日に拝見した芝居は、おふざけが過ぎてたが、優伎座の本質は人情劇にあると思う
観友さんから、優伎座の芝居がふざけ過ぎで観に行くのをやめた、というのを聞いたが、
きちんとした芝居を演じれば、きちんと泣ける、それが優伎座なのである
なかなか良い芝居だった S級3


芝居終演後の口上挨拶 市川英儒座長と英風舞
今後の芝居の紹介、劇団グッズ紹介、前売り券販売など

CIMG4565 - コピー
CIMG4567 - コピー
CIMG4582 - コピー
いよいよ、外題が出揃った


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
関連記事
コメント
この記事へのコメント
このお芝居以前、かつき夢二座長が松山劇場にゲストにこられた時やったお芝居でしたね
2016/02/24(水) 03:25 | URL | まさ #-[ 編集]
うわぁ~(T-T)
この日、昼の部オクゲキで観劇して
夜の部はマツゲキ行ったのですが
6時開演の時点でお客さんが自分を入れて3人しかいなくて…それでも幕を開けてくれたんですけど、お芝居はやらなかったんですよ(T-T)(T-T)(T-T)
最終7人まで増えましたが(^^;
お芝居は観れず、1部と3部をまとめて公演してくださいました。
足を運んだ観客の為に舞踊だけでもと舞台をみせてくださったのと、お芝居やらないので座長からのお気持ちとゆう事で観客全員にチケットをプレゼントしていただきました。
この日は友達を連れて行ってたので、観客3人しかいなかったから休演になるかと不安だったのですが…幕を開けてくださった劇団さんに感謝です(TT)

でもやっぱりお芝居観たかったー(T-T)
昼の部に行けば良かったです(^^;
2016/02/28(日) 04:31 | URL | JEWEL #w4Ib0zSU[ 編集]
まささん
そうですね
私も拝見しましたから覚えてます
女三姉妹に替えてましたね

JEWELさん
そうでしたかあ
それは残念でしたねえ
チケットを最期に配ってくれたというのは、
劇団の最大のサービスだとは思うのですが
やはり、芝居が観たかったですよね
私も、同じ気持ちになったと思います
2016/03/06(日) 01:35 | URL | 山口ジジイ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yamagutijiji.blog39.fc2.com/tb.php/2361-7e1a68f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック