元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です
CIMG8171 - コピー - コピー

約半年前、山口組から、山健組を中心とした13団体が離脱し、神戸山口組を結成した
すわ山一抗争の再現か、なぞと報道がなされたが、意外なことにわりと静かな印象だった
それがここへきて、エスカレートしてきている
燻っていた炭に一気に火がついたが如く、全国各地で抗争の火ぶたがきっておとされたかのよう
今後ますますマスコミを賑わすことだろう

上の画像は、2月26日の愛媛新聞一面トップだが、これを観て吃驚した

地元松山の組織の木村會が、神戸山口組に加入したかもしれない、とのことである
うーむ、木村會は、司忍が山口組六代目となってから、直系に抜擢され、役職付いて山口組幹部にまでしてくれたのだから、よもや山口組を出るとは思わなかった
後追いで調べてみると、昨年木村阪喜会長が引退し、山口組の直系組織でなくなり、組員たちは鳥取県の
大同会に身を寄せてたようだ
大同会の森尾卯太男会長は、六代目山口組若頭補佐で、中四国ブロック長を兼ねている
木村會の二代目山本彰彦は、大同会の舎弟頭補佐として山口組三次団体を率いていたが、このたび神戸山口組に参加したようだ

木村會を作った、木村阪喜会長は、元々は加茂田重政の子分

加茂田重政は、山口組中興の祖であるところの三代目山口組組長田岡一雄の下で、若頭補佐を務めていた
加茂田重政の父親も、山口組二代目山口登の子分だったというから、山口組と深い関係にある
加茂田重政は、三代目死去に伴う、四代目争いで山本広組長代行とともに山口組を割って出て一和会を結成
一和会では、理事長だったそうだから、ナンバー2
山一抗争で敗れた一和会は解散となるが、木村會会長木村阪喜は、のちに山口組五代目組長となる二代目山健組組長渡辺五郎の舎弟となり、三代目山健組では、舎弟頭に昇格
六代目山口組の下で、念願の直参となり、やがて役職が付き山口組幹部となった
最盛期で4万人と言われた山口組だが、山口組そのものは1人の組長とせいぜい100人前後の子分がいるにすぎない
ただし、その子分たちは一国一城の主であり、それぞれが数十人~数千人の子分を抱える組織の長
ゆえに四万人と言われたのだ
山口組組長の子分たちの組織を二次団体と呼び、その下の子分たちを三次団体、さらに四次団体といった具合に、俗に言うピラミッド型組織で山口組は成り立っている

山一抗争では、三代目死去に伴う跡目争いで、竹中若頭に敗れた山本広組長代行を支持する一派が組を離脱したわけだが、
今回の神戸山口組は、現役の司忍組長に逆縁を突き付けて出て行ったわけなので、ちょっとニュアンスが異なる
渡世のルールで言えば、逆縁はルール違反
親子の盃を交わした子供が、親に逆縁を突き付けるというのは、異常なことであろう

新聞によれば、現在山口組14000人に対し、神戸山口組6000人だそうだ
半年前よりも、現在神戸山口組に参加する組織が増えている
逆縁ながら神戸山口組への支持が増えているというのは、山口組六代目への不満がよっぽど強いのかもしれない
数年前、10くらいの組織が、六代目から破門や絶縁されていたが、司忍に問題があるのかもしれない

神戸山口組で、四代目山健組が組長を、二代目宅見組が副組長をしてる、というのもなんか違和感がある
五代目山口組の宅見若頭を射殺したのは、山健組から直参に昇格した中野太郎若頭補佐
一説には、このことを五代目は了承していて、それが原因で、五代目は山口組組長を辞めざるを得ないこととなった
なので、当代の山健組組長と宅見組組長が、神戸山口組で仲良く、組長と副組長についてる、というのが違和感があるのだ
司忍に対する、敵の敵は味方、みたいな結びつきなのかもしれない

まあ、新聞や本やネットで読んだだけの知識なので、ほとんど想像の範疇でしかないのだが
これだけは言えるのは、神戸山口組に参加した木村會がいる以上、松山でもいずれ抗争があるかもしれない
六代目山口組組長司忍の下に、一時期愛媛県には、今治の矢島組、松山会、木村會と三人の直参がいた
矢島組は現在も直参であるが、かつて加茂田組で頭補佐をしてた木村阪喜若が戦った松山連合を基とする松山会は今は山口組の直参ではないようで、松山会そのものも、残ってるのか残ってないのか分からない
山口組の他の組織の三次団体、四次団体も愛媛県にはいるだろうし、司忍から絶縁や破門された組が結集した神戸山口組と山口組との抗争があるのは必至である
全国各地で抗争するのだから、四国の片田舎の松山でも、抗争があるだろうと考えるのが自然だろう

気をつけましょう


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
関連記事
コメント
この記事へのコメント
ずいぶん前もありましたね!抗争が自分の地元も大変でした!当時中山勝正さんが殺され、市民も巻き添えなったり、気をつけようがないですよね!どこから来るかわからんね!なれから何十年たったのか。勝正さんは本当に素敵な人でした!酒は飲めない!歌う曲は柿の木坂!やくざのなかやくざでした!イヤですよね!人が殺されるのは
ところで今月は松山劇場には行ってないですか、又お待ちしてます
2016/03/11(金) 08:09 | URL | 岡田 #-[ 編集]
はじめまして山口様。失業されて訓練校に行かれた頃から全部読ませて頂きました。ご挨拶が遅れて申し訳ございません。大衆演劇のブログも毎回楽しませて頂き有り難うございます。山口組の記事も
興味深く勉強になりました。これからも訪問させて頂きますので
宜しくお願いいたします。ご挨拶まで。
2016/03/16(水) 22:39 | URL | 辛口 #-[ 編集]
岡田さん
中山勝正さん、ということは高知県ですね
若頭まで上り詰めたのに、残念ですね
やはり、命を張った稼業ですなあ
今月の松劇は、ボチボチといったところです

辛口さん
そうですか、そんな古い記事まで遡っていただいて、
ありがとうございます
当時はけっこうアクセス数も多かったのですが、現在は少ないですw
また是非遊びにきてださいね
2016/03/25(金) 23:35 | URL | 山口ジジイ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yamagutijiji.blog39.fc2.com/tb.php/2379-f1f5e239
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック