元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です
三人出世は、いわば人情喜劇
私も好きな芝居ゆえ、仕事を終えて観に行った
さて、どうだったのか

第二部 芸題 三人出世

<あらすじ>
幼馴染である三人の若者が大志を抱き、村人に見送られ丹波笹山仲良し村から、江戸に出て行く
友やん(藤乃かな座長)は目明しになりたい、貞やん(見海堂真之介総座長)は人を使う親方になりたい、島やん(都京弥座長)は金貸しになりたい
それぞれ夢を持ち、誰が一番出世するか勝負やで、また会おうと花のお江戸へ向かった
江戸へ出て、歳月が過ぎた
~芝居はここから~
少し足りない友やんは、目明しになることができたが、可愛そうな親子に出会い、身代りとなり島やんの借金を背負う
島やんは金貸しになり蔵を三つも建てたが、人情を忘れ、友達だった友やんに借金を厳しく取り立てる
友やんは苦し紛れに、最近世間を騒がしてる怪盗悪魔小僧を捕まえて借金を返すと島やんに約束する
さて、友やんが家に帰ると、不審な侵入者がいた、驚いたが良く見ると貞やんだった
二人は再会を喜び、近況を報告し合う
貞やんは、友やんが目明しになれたことに驚いたが、我がことのように喜んでくれた
友やんが、ほんで貞やんは今なにやってんの、と問うと
貞やんは、わしは壁塗りの左官をしている、と答えた
確かに貞やんは、ほこりまみれの風体をしていたが・・・

目明しの親方(城麗斗副座長)

<感想>
一幕三場くらいだった、約1時間の芝居
ゲストに迎えた、見海堂真之介総座長に華を持たせた配役だった
まあ、これは事前に予想した通りだった
劇団都の普段からの演出なのかは分からないが、人情喜劇なれど、笑いに比重を置いていた
最期の愁嘆場までおふざけの芝居が多く、これでは泣けない
まあ、お祭り的要素があったので、こういう演出になったのかもしれない
私の中ではS級に届かない、なかなかの芝居 A級1


CIMG9916 - コピー
芝居終演後の口上挨拶 藤乃かな座長
今後の芝居の紹介、劇団グッズ紹介、前売り券販売など

CIMG9907 - コピー CIMG9908 - コピー


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
関連記事
コメント
この記事へのコメント
ゲスト
タイミング的に凄いゲストですね。∑(OωO; )
2016/05/03(火) 16:43 | URL | プロレスLOVE #-[ 編集]
プロレスLOVEさん
確かにw
どうも見海堂真之介座長は、顔を売ってる盛りのようで、劇団都とあまり付き合いはないみたいですが、食事会を重ね、今回のゲスト出演となったみたいです
でもゲストの少ない愛媛県なので、大歓迎で、互いに行き来して欲しいですね
2016/05/15(日) 01:23 | URL | 山口ジジイ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yamagutijiji.blog39.fc2.com/tb.php/2425-4f17f221
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック