元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です
CIMG9435 - コピー
※画像は、葬儀後の祭壇の様子
 床の間のある和室に設置した

父が3月31日に亡くなり、寂しいけれど、忙しい日々を送っている
身内を亡くした方なら分かると思うが、実に様々な手続き等があり、おちおち故人を思う間もないくらいなのだ
亡くなって7日ごとに法要があるが、これは家族だけで執り行っている
先日の、5月11日が六七日の法要であった
父の葬儀が4月3日だったが、いよいよ来週5月18日水曜日に、七七日である四九日の法要が迫った
南予から、17歳の時に松山に出てきた父
ゆえに、菩提寺も墓も仏壇もなく、今回段取りしたというわけだ
父の要望で、葬儀は家族葬、墓は八坂霊園の合葬、というのは決まってたが、具体的な事柄は、遺された家族の話し合いによって進められた
私は、神も仏も信じないという、罰あたりな男だが、亡き父が恥ずかしいようなことはしないよう心がけた

仏壇の設置場所
築45年の古い小さな平屋建ての、父が建てた家に、私は住んでいる
約20年間、私は県外にいたが、今から15年ほど前に地元に帰ってからは、この家に父と母と三人で暮らしていた
小さい家だが、ふたま続きの和室があり、一つは床の間がある部屋、もう一つは居間として使ってる部屋
最初は、床の間のある和室に仏壇を設置しようと思ったが、
「床の間のある和室には、あまり入らないので、居間にしてる和室にしてはどうか」
という母の提案で、私もその方が良いと思った
なぜなら、居間なら毎日何度も入るし、ここで過ごす時間の方が長いからだ
亡き父も、いつも家族が過ごしている居間にいる方が喜ぶのではないか、と思われた
居間なので、テレビもあれば、いろいろ壁に張っている

CIMG9631 - コピー - コピー
設置場所は、サイドボードの上ということになり、それに合う仏壇を購入することに
昔ながらのデザインの仏壇よりも、現代仏壇の家具調のものを購入することにした
その方が、違和感がないからだ
サイドボードを置いてるスペースは、壁も天井も、下地が悪い
ゆえに、この際、天井と壁の表層材を張りかえることにした
画像は、張りかえる前の状態である
私の家は、自分たちでいろいろする家で、この壁と天井のクロスも、亡き父と母が張ったもので、思い出はあるけれど、思い切って張りかえることに

CIMG0397 - コピー
画像は、元の状態である
これが、どうなるのか


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
関連記事
コメント
この記事へのコメント
お父様もきっと……。

大切なお父様を亡くされてから、毎日お辛いであろう中を、精力的に観劇にお出掛けなのは、やはりその間はお寂しさが少し緩和されるからなのでは…と拝察しています。

今日のブログを拝読し、ご仏壇を居間に設置なさりたいと仰ったお母様のお気持ちと、同意なさったと山口様のご決断にはお父様もきっと心からお喜びだと思います。
お父様は、お二方をいつも近くに感じられますものね。
また、お父様がとてもご誠実で穏やかなお人柄の御方でいらした事は、遺影のお写真から拝察出来ます。
とてもいいお写真ですね。

附記するべきではないかも知れませんが、中野座長のお父様も先日急逝なさり、九州で公演中の座長は舞台を終えられた後、急遽大阪のご実家に向かわれたそうです。
大切なお父様を亡くされたご心痛は如何ばかりかと存じますが、山口様も座長も、お父様がいつもお見守り下さっておられる事をお心に留めて、これからも頑張って頂きたいと心から願っでおります。
2016/05/13(金) 12:17 | URL | コスモス #-[ 編集]
私達も南予の出身、訳あって母を松山の
施設に預けてます。
お父様の居心地のいい仏壇にしてあげてや
来週、松山に行くけど今月は愛媛、香川には見たい劇団がないな
2016/05/13(金) 20:06 | URL | 千葉のばばあ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yamagutijiji.blog39.fc2.com/tb.php/2443-25020d81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック