元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

CIMG0568 - コピー - コピー

仏壇について
物を知らないというのは、恐ろしいもので、私は仏壇というのは、亡くなった人をまん中に納めるのもだと思ってた
ところが実際はそうではなく、仏壇というのはお寺のミニチュアであり、御本尊がまん中に位置するのである
三段ある一番上の棚は、須弥山であり、そこにお釈迦様や大日如来を納める
亡くなった人の位牌は、一段低い二段目に納め、お釈迦様に守られるよう納めるのだ
初めての弔いだったので、葬儀についても後飾りについても仏壇についても、初めて知ったことが多かったのである

さて、そういった知識を得て、選んだのが家具調の現代仏壇
居間のサイドボードの上に設置するので、そういう選択になった
こちらが、うちの仏壇

CIMG0658 - コピー - コピー

一番上に、御本尊の釈迦如来が位置している
脇侍には、曹洞宗の開祖の道元が右側に位置し、曹洞宗を大きくしたいわば中興の祖である瑩山が左側に位置する
全て掛軸でも良かったのだが、釈迦如来は白木の仏像にした
白木の仏像は、値段が一番安く、3万円ほどで、つげ、楠木、白檀といった具合に、値段は倍増していく
うちの場合は、仏壇の色が茶色だったので、茶系の楠木より、白い色の仏像の方が、目立ち都合が良かった
脇侍の掛軸は1200円ほどなので、うちの場合は合計で3万2千円ほどで手に入った
もっと安くすませるには、3つとも掛軸にすると3600円で済むし、掛軸の中には、3人が描かれているものもあるので、これならたった1200円で済むのだ
まあ、仏壇仏具のどこに金をかけるのか、というのは個人の嗜好なので、どういう選択でも間違いではないだろう

CIMG0659 - コピー - コピー
CIMG0660 - コピー - コピー CIMG0661 - コピー - コピー
CIMG0662 - コピー - コピー

CIMG0663 - コピー - コピー
CIMG0664 - コピー - コピー
CIMG0665 - コピー - コピー


位牌
これは、大きく分けて3つあり、①塗りの位牌②唐木の位牌③現代風の位牌とに分かれる
値段でいえば、塗りがピンからキリまであって高く、唐木は安く、現代風はクリスタルとか奇抜なものまで取り揃えてあった
うちは、黒檀の唐木の位牌にした
理由
塗りは掃除の仕方が面倒で、下手をすると金箔を剥いでしまい修復がつかなくなる点が嫌だった
亡き父は、日曜大工で木を切ったり組んだりが好きだったので、塗りの位牌よりも、唐木の天然木で作られた位牌の方が喜ぶのではないか、と思われた点
これで良かったと思っている

仏壇の高さ
現代仏壇は、洋室のリビングなどに設置できるよう、デザインされたもので、つまり仏間に設置しない
だから、部屋の天井の高さのところに設置するので、仏壇の上がズドンとあいてても、問題はないのだが、
うちの場合は、元タンス置き場なので、天袋があり、高さ1800と低い
ゆえに、あまり仏壇の上が天井まで開いてしまうと、不細工になってしまう
だから、上置きタイプの一番背の高いものにした、高さは88センチある
天井と仏壇の隙間は5センチほどなので、収まりが良い
また、上置きにしては、高さがあるので、仏像や位牌が比較的大きなものを納めることができたのだ

CIMG0554 - コピー - コピー

このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yamagutijiji.blog39.fc2.com/tb.php/2448-cad8b5ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック