元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です
劇団冨士川は、三回目

第一部 外題 三下仁義

<あらすじ>
悪い親分、飯田屋大五郎(冨士川竜二座長)は、良い親分の文蔵(冨士川佳生)の妹のおなみ(冨士川てまり)に惚れたと言う
子分の一人(冨士川かどまつ)が、おなみは結婚しておりすでに峰五郎という主人がいますぜい、と窘めるも、
大五郎は、人妻がいいんだ、と傍若無人なことを言う始末
そんな大五郎一行が茶屋で一杯やっていると、峰五郎おなみ夫婦がやってきて、忘れ物をしたと峰五郎(冨士川星矢)がいなくなった
これを千歳一隅のチャンスと捉えた大五郎親分は、おなみに言い寄り、峰五郎と別れて俺の女になれ、それがだめなら一度だけでもいいのでやらせてくれ
当然おなみが断ると、大五郎は、
それなら峰五郎に貸している5両を今すぐけえせ
とまどうおなみに、大五郎はこれとばかりにつかみかかる
思わず抵抗したおなみは、大五郎の手を噛んでしまう
怒った大五郎は、長脇差でおなみを刺し、この凶行がばれないよう逃げていった
峰五郎が帰ってくると、おなみは倒れ虫の息
おなみは、最後の力を振り絞り、大五郎に刺されたことと、5両のことを言い残し、峰五郎に赤子を託して死んでいった
勘弁ならねえ、と峰五郎は今にも飯田屋一家へ殴りこもうとする
その刹那、旅人姿の政五郎(冨士川大輔二代目座長)が現れ、久しぶりの兄弟分の再会をする
峰五郎から事情を聞いた政五郎は、ちょいと待ちな万事は俺にまかせておけい、ときっぱる
おみねの兄である文蔵親分と子分だった峰五郎には、とあるいきさつがあり、そこを解決する必要があったのだ・・・

三下奴の圭助(冨士川すすむ若座長)

<感想>
一幕三景、約1時間の芝居
実は、この外題の三下仁義に思い入れがあって(昨年仏生山で観た松丸家の三下仁義の三代目鹿島順一)観に行ったのだが、全然違う芝居だった
松丸家のは悲劇であり、冨士川の三下仁義は喜劇だったのである
冨士川の三下仁義の芝居は、別の劇団の違う外題で観たことがあった
この芝居は、三下奴の圭助があほなことをして活躍する芝居
今回の芝居でも、圭助を演じた冨士川すすむ若座長が、活躍した
若座長は体を張った演技で、劇場をわかしていた
とても器用な役者である
一番わいたのは、圭助が火鉢に頭を突っ込み、舞台の向うへ一回転した場面だが、これはアクシデントだったそうだ
本来は火鉢に頭を突っ込み、倒立する予定が勢い余って、一回転したとのこと
あとの口上で見せてもらったが、肩口に赤く腫れた傷跡があり痛々しかったが、大怪我にはならなかったようで、ホッとした
首から落ちたので、下手すれば頸椎を傷めることになり、最悪下半身不随とか首からしたが動かないといった、命に関わる事故になる可能性があったのだ
若座長の観客を喜ばせてやろうというサービス精神は、十分伝わってるので、これからは安全第一でやってほしい
大衆演劇の役者は、毎日違う芝居をするし、拘束時間も長いので、体が資本、怪我したら、ファンの方に長期に渡って姿を見せられないのだから
あとこの日の特徴として、竜二座長が悪役を演じ、弟の剣豪佳生がいい親分を演じてて、普段と逆の役柄だった点
うーむ、竜二座長の悪役を観たのは初めてだったが、今回の喜劇に合わせて、とても嫌らしく演じててなかなか上手だと思った
まあ、とはいえ、私が観たかった三下仁義とは違ったので、肩すかしを喰らったという点と私が苦手な喜劇調の芝居だったので、S級には届かない
なかなかの芝居だった A級1


CIMG0575 - コピー
芝居終演後の口上挨拶 お三方
今後の芝居の予定、前売り券販売、グッズ紹介など
おそろしく勢いがあった

CIMG0570 - コピー
前回なかった幟が立っていた

CIMG0571 - コピー
毎年恒例のサツキ展が開催されていた

CIMG0572 - コピー
CIMG0573 - コピー
CIMG0574 - コピー

CIMG0576 - コピー
CIMG0577 - コピー

私が一番観たかった役者、冨士川奈々さんは、5月5日だけ登場したそうで、観友さんからの評判も良かったようで、観れなくて残念
連名表からも消えてたので、残念だが月末まで出演する可能性は、皆無となった


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yamagutijiji.blog39.fc2.com/tb.php/2450-5941ef34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック