元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

杉作J太郎のジャスティス映画学園松山も、第四回となった
私は第0回から拝見しているが、今回は、新進気鋭の時代劇研究家、春日太一がゲストだった

CIMG0790 - コピー

5/21(土) 杉作J太郎 監修   ジャスティス映画学園松山《第四回》
     『Jさん春日さんの映画学校』
                    出演:春日太一、杉作J太郎
                    時間:20:00~終了未定  料金:2000円均一


春日太一は、映画博士である
あの人は落語博士だね、漫画博士だね、怪獣博士だねえ、なぞとその道に詳しい人を評して○○博士と呼ぶが、春日太一の場合はその限りに非ず
氏は日本大学芸術学部の大学院で、映画時代劇の論文を書き博士号を取得したという、本当の映画博士なのである
私は春日太一が町山智弘と出演したラジオ番組で、氏を初めて知り一気にファンとなった
テーマは東映のやくざ映画で、著書「あかんやつら」を出版したばかりの春日太一は、渡瀬恒彦最強伝説を披露してた
週刊文春などに連載を持つ春日太一は、昨年7冊も新書を出したという売れっ子でもある
私はあまり本は読まないのだが、名著の誉れ高い、「天才 勝新太郎」は読んでいる
大映に入社し今一つパッとしなかった勝が、努力と独自の魅力で市川雷蔵と並び称される人気となり、代表作の座頭市や兵隊やくざ等で絶頂を迎え、
独立し勝プロを立ちあげたが、やがて衰退し勝プロ倒産、コカイン所持で逮捕されていく光と影を、生々しいリアルなドキュメントで表現している
凄まじい時間をかけて取材されて生まれたこの本は、まさに名著である
杉作J太郎との出会いは、春日太一が学生時代に石井輝夫監督の家で書生のようなことをしてた時に、当時石井輝夫宅に出入りしてた杉作と出会い、現在も付き合いが続いてるようだ
東京のロフトプラスワンなどでも、両氏はイベントを行っており、今回のジャスティス映画学園のイベントの翌日は、そのまま二人で広島の横川シネマに移動しイベントを行うとのこと

CIMG0786 - コピー
私が良く通っている松劇ビルの2階にシネマルナティックはある

さて、以前記事にも書いたが、ジャスティス映画学園のゲストに春日太一が来ればいいな、というのが実現した
この日観に行ったのは、私にとって必然であった
私は仕事を終え、少し遅刻して入場した
内容は、高い役者と安い役者という命題で、役者の仕分け
仲代達也、北大路欣也は高い役者、一方目黒勇樹、原田大二郎が典型的な安い役者
悪役が多かったが山形勲は高い役者で、桐の箱に入って百貨店で売られている
安い役者は、ジャスコとかスーパーで売られている商品で、中には、激安のラムーやドンキホーテで売られてる役者もいる
とすれば、加山雄三はどちらなのだろう
同じ黒澤作品で売りだした仲代達也や、同じく役者の子で二世である北大路欣也とは、スタートは同等だったが、年を重ねるごとに随分と役者としての差がついてしまった
だが、妙に大御所的な貫禄があり、百貨店で売ってるのかスーパーで売ってるのか、判断が難しい
昨年芸能生活50周年のイベントとして、若大将と行くハワイツアーを企画したが、人数が集まらずキャンセルとなった
加山雄三は人気があるように思われているが、本当に人気があるのか疑問である
高い役者は移動のバスで客に手を振らない、安い役者は手を振る

日本の首領の佐分利信、高倉健のちんちんまんまん、梅宮や谷隼人やホタテマンは本当に遊び人だったのか、遠藤辰雄はいいねえ、などが語られた

CIMG0791 - コピー
4時間半、休憩なしのノンストップのイベントは、なかなか面白かったねえ
だが、映画の話がサブカル的な部分に終始したのが、残念と言えば残念
まあ、杉作J太郎が、マルチタレントでサブカルな人なので、今回のようなイベントになるのは、当然だったともいえよう
春日太一は、黒澤作品等にも造詣が深いので、いつか映画博士としての硬派なトークも聞きたいものである

CIMG0792 - コピー


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yamagutijiji.blog39.fc2.com/tb.php/2460-a64c24c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック