元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です
この日の客席は、60~70人ほどだったのじゃなかろうか
実を言うと、座る席はあるのだろうか、と私は警戒し、かなり早い時間に劇場に足を運んだのだが、
思ったほどでもなく肩すかしを喰らった形だ、まあ平日やったし
とはいえ、7日までで大入りは25枚かそれ以上、もちろんこの日も大入りが出た
前月が54枚だったことを考えれば、かなりなハイペースだ

第二部 舞踊ショウ
(舞踊メモ 舞踊順)
CIMG1404 - コピー
CIMG1407 - コピー
花のトップステージは、若手群舞踊

CIMG1408 - コピー

CIMG1409 - コピー CIMG1410 - コピー

CIMG1412 - コピー
CIMG1413 - コピー
翔炎座長、歌謡1曲~炎歌唱
この日は、翔炎座長の呼び掛けで、4人の観客が舞台にあがり、炎の歌唱で踊った
あまり他で観ない珍しい光景だが、翔炎座長は、松山には面白い人が多いので劇団飛翔松山支部をつくろうかと考えてます(笑)、とおっしゃっていた
4人の中で私が注目したのは、左端の御婦人
昨年も舞台に上がって踊ってたのを覚えているが、4人の中では、踊りがうまく、フラがあるというか、なんか動きも面白い
この御婦人は一騎当千なので、1人で踊った方がもっと客席は盛り上がるだろう

CIMG1415 - コピー
CIMG1417 - コピー

CIMG1418 - コピー
恋瀬川笑助
昨年に比べて、貫禄が出てきた印象だ
今はまだ、三の線で売っているが、いずれは貫禄を生かした役に移行するといいと思う
元々は、橘菊太郎劇団出身、劇団飛翔では預かり弟子のような形で、橘笑助の名で出演してたそうだ

CIMG1421 - コピー
この日、恋瀬川キャビアの面は観れなかった
雑誌インタビューでで翔炎座長が、面だけはキャビアにかなわない、とおっしゃってた

CIMG1422 - コピー
長谷川翔馬
翔馬の剣舞、伝家の宝刀である、刀廻しが観れなかったのは非常に残念
キャビアの面踊りがなかったのも、残念
先日、飛翔ファンの方から聞いた話によれば、元々は剣舞もお面踊りも長谷川翔馬がやってたのだそうだ
キャビアの成長にともない、面踊りをキャビアの十八番にし、自らは面を封印したとのこと
まあ、劇団のためを思った、すみ分けなのだろう
豊臣秀吉という人に、小一郎秀長という弟がいるが、才人堺屋太一は、「豊臣秀長-ある補佐役の生涯-」という著作の中で、日本史上屈指のナンバー2と呼ばれる秀長の生涯を描いている
才能がありながら、決して翔炎座長の前に出ない長谷川翔馬を見るとき、私はこの本を思い出す

CIMG1423 - コピー
CIMG1425 - コピー

ラストショウ えいさ
CIMG1427 - コピー
CIMG1428 - コピー
CIMG1429 - コピー
CIMG1431 - コピー
ジェロの曲に合わせた総踊り
劇団飛翔は、凝ったラストショウは少なく、一曲の総踊りが多い印象
個人舞踊、翔炎座長の女形や歌唱、翔馬の剣舞、キャビアの面踊り、に代表される個人舞踊に力を入れており、相対的にラストショウには凝らないのじゃないかと思う
だから、プログラムにも、ラストショウの演目は載せてない
まあ、なかなかのラストショウやったな

CIMG1432 - コピー
おまけ舞踊、無条件


CIMG1433 - コピー
奥道後劇場を出ると、山が見える
新緑の季節、力強い緑色に染まった


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yamagutijiji.blog39.fc2.com/tb.php/2490-5e02ebfc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック