元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

第二部 芸題 木曽節三度笠

<あらすじ>
材木問屋の信濃屋の喜太郎(小弁太座長)は、おきぬ(光姫)と恋仲だったが、母のおそで(美寿々)が、おきぬさんのことはあきらめろという
信濃屋に後妻に入ったおそでは、今は亡き大旦那に大恩があり、先妻の子である新次郎(新次郎花形)に遠慮してのことだった
実の子と変わらず自分を可愛がってくれた大旦那、恩義を感じる喜太郎は、母に従いおきぬのことを諦めた
祭りの日、酒に酔った鮫の権衛門親分(甲斐文太)に酌女を探してこい、と命じられた鮫一家の若い衆(5人)が、若い女を物色していた
やつらはおきぬに目をつける
新次郎が止めに入るが、鮫一家は容赦せず、おきぬを連れて行こうとする
その様子を見た喜太郎が体を張っておきぬを守ると、鮫一家は、匕首を抜いて喜太郎に襲いかかる
無我夢中でもみ合う中、気付いた時に喜太郎は、鮫一家の蛸の八(三代目鹿島順一)から匕首をうばい刺していた
とんでもないことをしてしまった、と喜太郎は嘆くが、鮫一家を撃退してくれたので兄の新次郎は感謝した
喜太郎はそのまま、土地を捨て、旅に出た
あれから3年の月日が経った
新次郎の代となった信濃屋は、すっかり稼業が傾いていた
新次郎は博打に手を出し借金をこさえ、おそでやおきぬに酷い扱いをしていた
鮫一家からも借金の取り立てがきて、今すぐ150両けえせという
そんな中、1羽の旅鴉が信濃屋を訪れる・・・

<感想>
一幕三場、約1時間10分の芝居
こちらも、大衆演劇らしい芝居で、先妻の子供に遠慮して好きな女を諦め、渡世人になるという類型は、比較的良くみかける
いわば小作品なのだが、上手い劇団が演ずると、いい芝居になる
今回の芝居は、小弁太座長、松丸家美寿々大熱演で、ええ芝居になったなあ
芝居の最期は、小弁太座長演ずる喜太郎が木曽節を歌うのだが、歌の上手さを生かした、いい演出やった
松丸家には、役者が揃っとる
松丸家翔は、活舌を弄られてたが、昨年拝見したときより明らかに芝居が上手になってたし、松丸家ちょうちょは、一家の若衆役が良く似合ってた
三代目鹿島順一は、蛸の八と烏賊の六の二役を演じたが、端役だったので残念、まあこれは仕方なし
9月以降の活躍が楽しみやで
なかなか良い芝居 S級Ⅲ


CIMG1660 - コピー
CIMG1661 - コピー
芝居終演後の口上挨拶 小弁太座長
今後の芝居の紹介、劇団グッズ紹介、前売り券販売など
9月に三代目鹿島順一劇団再始動の話などが語られたが、小弁太座長はトークも上手なので
おもろかったなあ

CIMG1647 - コピー
CIMG1656 - コピー
CIMG1657 - コピー
CIMG1658 - コピー
CIMG1659 - コピー
客席は20にんくらいやったかなあ
今年の大入りは劇団紀伊国屋が40枚と突出して多かったが、やはり香川県に縁のある劇団やからなあ
澤村慎太郎座長は、地元出身やしね


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yamagutijiji.blog39.fc2.com/tb.php/2511-c14f4258
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック