元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

先月、100枚の大入り枚数を叩き出した劇団飛翔は去ったが、今月の奥道後劇場には、宝海劇団が帰ってきた
宝海劇団は、1年1カ月振りの公演
九州演劇協会の劇団は、1月の劇団ふじ以来の半年振り
この日の口上挨拶でもおっしゃってたが、宝海劇団はなぜか九州演劇協会所属
確か、太夫元の宝海竜也園長は、吉本のお笑い学校1期生で、ダウンタウンなどと同期とのこと
関西芝居が多く、九州芝居は3本しかないのだそうである
3本は大げさな気もするけど
しかしなんですなあ、どういう経緯で、九州演劇協会の所属になったんだろうねえ

第一部 外題 炎の花車

<あらすじ>
村一番の嫌われ者でやくざの熊(宝海大地花形)は、てごめにしようと嫌がるお花(宝海蘭丸花形)を追っかけ、お花は崖から落ちて死んでしまう
お花を探しにきた兄の長吉(宝海大空座長)は、お花の変わり果てた姿に怒り、熊ともみ合いとなり、熊の急所を握りつぶし殺してしまう
おいら、人を殺めちまった、と長吉は嘆き、腹を突いて死のうとしていると、
通りかかった花車辰五郎(早乙女紫虎座長)が、これを助ける
そして、長吉少年に江戸へ行くことを勧めた
父親(宝海竜也園長)に許しをもらった長吉は江戸へ行くことを決意
辰五郎は、男になるためには厳しい修行をせねばならない、里心がつかないよう3年間手紙一つよこしてはならない、と父親に条件をつけた
急に2人の子供がいなくなり、寂しくなった父親は、田畑を売って江戸へ長吉を探しに出て行く
ところが懐に入れてた大事な金を掏られ1文なしとなり、とある一軒の屋敷に辿り着く
そこは花車辰五郎の屋敷であった・・・

<感想>
一幕三景、約1時間の芝居
序盤は笑いが多かったが、最終盤は、長吉を演じた大空座長が山をあげて締めてたなあ
なかなか良い芝居になった
以前、小林劇団で拝見した、新門辰五郎とほぼ同じ内容で、異なる点を記しておくと、
新門辰五郎の名前が異なる
宝海版は父親に許可をもらって江戸に行くが、小林版は親にも内緒で蒸発するように江戸に行く
この違いにより、行方知れずとなった長吉と出会う場面が、小林版の方がドラマティックになる
また小林版では初代新門辰五郎は登場せず、一の子分が長吉を連れていくので、初代辰五郎のカリスマ性が高まる効果があるかもしれませんなあ
この辺りは、このみの分かれるところだろう
大空座長は、舞踊では女形がきれいだが、芝居では男伊達の役がうまいとわっしは思っている
なかなか良い芝居だった S級Ⅲ


CIMG2067 - コピー
CIMG2068 - コピー
芝居終演後の口上挨拶 早乙女紫虎座長
口上あいさつ、前売り券販売、グッズ紹介など
1年1カ月振りの公演、劇団飛翔の大入り100枚について、熊本地震について、九州演劇協会についてなどなど

私が驚いたのは、この2~3日前に、九州演劇協会の会長が変わったとのこと
会長には、橘大五郎、副会長には姫錦之助が就任した、とのこと
それまでは、玄海竜二会長、姫京之助副会長、橘菊太郎幹事長が幹部だったと思うので、ずいぶんな若返りですな
まさしく子供たちの世代に、一気に世代交代
テレビの笑点の司会者が、一気に若返ったが、それにちょいと似てる
笑点の場合、ベテランの司会者にすると、また10年くらいで、バトンタッチが必要なので、一番若い春風亭昇太にしたのは、なかなかいいなと思った
しかしなんですな
九州演劇協会の会長ともなると、他の協会の襲名披露などの特別公演にも出なくてはならないから、けっこう大変かもしれませんな
それにしても、驚いた

CIMG2058 - コピー CIMG2059 - コピー
CIMG2060 - コピー CIMG2064 - コピー
CIMG2061 - コピー

CIMG2186 - コピー
CIMG2187 - コピー


おまけ画像
CIMG2056 - コピー
参議院選挙の季節
ホテル奥道後の駐車場には、ながえ孝子の選挙カーが停まっていた
町でも良くお見かけする


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
関連記事
コメント
この記事へのコメント
いつも長文ごめんなさい
九州演劇協会会長職を辞する事は、6月26日の庄内天満座劇団都で玄海会長から発表がありました
その時点では勿論次期会長が誰になるかなどは明らかにはされませんでした
前々から玄海会長は神経がすり減るので巡業はもうやりたくない的な事を言っていて、この件についてもあまり驚きはなかったのですが、あと一回でいいから大阪へ一座を率いて、できれば朝日劇場でやってほしいというのが他の玄海ファンと私の共通する願いです
やっぱりゲストオンリーと自分の一座ではやるお芝居も全然違うので、朝日劇場で田原坂を見たいなぁ…
会長橘大五郎さん、副会長姫錦之助さんですが、橘大五郎さんが会長になったのは「バランス人事」というのは少々うがった見方すぎるかな…
普通に考えれば次は「姫川・姫系」「ふじ系」のどちらかだろうが、国連の事務総長的立ち位置を思い浮かべて頂ければいい感じ?

宝海大空さんは割と回数を見ていますが、彼こそ努力と天性の素質がうまくかみ合った例だと思う
「やっとん節」「ブラジル音頭」などの面踊り、「俵星玄蕃」などの刀や槍さばきは先月山口ジジイ様が見た長谷川翔馬や恋瀬川キャビアとどちらを選ぶかは正に好きずきとしか言いようがない…
何というか華があり際立っていて、お兄さんも決して下手ではないのにかすんでしまってかわいそうな感じ…
お芝居よりも個人舞踊を見るだけで価値があるといえる数少ない存在

それではいつも楽しい記事ありがとうございます (^-^)ノシ

2016/07/07(木) 23:32 | URL | やっちん #-[ 編集]
やっちんさん
まあ、協会の会長人事というのも、ある種の権力闘争でしょうからねえ
力関係があらわれるでしょうね
どうも、玄海竜二会頭の指名らしいので、それなりにみんなが納得できるバランスも考慮されてのことでしょう
新会長を支えて、大衆演劇界を盛り上げて行って欲しいですね
私はまだ、玄海竜二会長を拝見したことがないので、是非観て観たいなあ
大空座長も、おっしゃる通り華やかさがあっていいですね
面踊りも先日拝見しましたが、なかなかのものでしたよ
2016/07/11(月) 14:46 | URL | 山口ジジイ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yamagutijiji.blog39.fc2.com/tb.php/2536-6a68535f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック