元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です
第二部 芸題 新吾一人旅

<あらすじ>
幼きころから通う剣術道場で師範代をつとめる新吾(あおい竜也座長)は、父を亡くし、後妻に入った母(白龍)と腹違いの弟(暁龍磨花形)に酷い仕打ちをしていた
家の下郎(風月光志)も、こんなことではいけないと悩んでいた
そんなある日、新吾は道場の先生(竜美獅童)に呼ばれる
裏山に山賊が出て、道場から1人退治に行かねばならぬことになった
命を落とすことになるやもしれぬこの役に、新吾は選ばれてしまう・・・

先生の娘(一竜きらり)
道場の門弟(とくたろう、一竜力)

<感想>
一幕四場、約1時間15分の芝居
後妻に入った母と先妻の子との確執は、大衆演劇らしい常道の芝居
今作は、侍の家が舞台というところに特徴があった
最期に、あっと驚く仕掛けがあり、和解となる
ただし、アドリブやおふざけが満載で、芝居そのものの出来は良くなかった
まあ、千秋楽なのでこれは仕方ない
まずまずの芝居 A級Ⅱ

CIMG2567 - コピー
芝居終演後の口上挨拶 あおい竜也座長と座員
1人1人の挨拶があった
いい挨拶だった


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yamagutijiji.blog39.fc2.com/tb.php/2572-5a524a10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック