元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

第二部 芸題 あの丘越えて

<あらすじ>
絵師の健次郎(白富士健太)と嫁のお国(市川誠)は、同居する母親(市川千章太夫元)を虐め抜いていた
あまりの親不孝を見かねた健次郎の弟子たち(愛勝、しのぶ、藍)は、愛想をつかし出て行った
健次郎は、大黒屋の女将に、30両の援助をお願いする
絵師としての健次郎に好意的な大黒屋の女将(神楽坂美佳花形)は、二つ返事で引き受けるが、健次郎たちの母親に対するひどい態度をみて、援助をとりやめる
女将が帰ったあと、こともあろうに健次郎は、援助がもらえなかったのを母親のせいにして、家から追い出す
雨の中行くあてのない母親が、途方に暮れてると、次男の健三(市川良二座長)と出会う
健三は、兄健次郎の犯した罪の身代りとなり、兇状旅をして旅鴉となっていた
母親から事情を聞いた健三は、兄の待つ実家へと向かうが・・・

<感想>
一幕三場、約1時間くらいの芝居やったと思う
母親いじめするのが実に憎たらしかった
まあこれは、白富士健太と市川誠の演技が上手ということだ
さらには、母親を演じた市川千章太夫元
この人は、女形やっても、渡世人やっても、侍やっても、うまいねえ
本当にええ役者やと思う
なかなか良い芝居やった S級Ⅲ

CIMG2804 - コピー
芝居終演後の口上挨拶 市川良二座長
今後の芝居について、前売り券販売など

CIMG2797 - コピー CIMG2798 - コピー
CIMG2832 - コピー

CIMG2829 - コピー
この日は観客全員にバッグのプレゼントがあった
ありがとうござんす


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yamagutijiji.blog39.fc2.com/tb.php/2596-fd5d5a0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック