元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

8月華やかな舞台を残した小林劇団は九州に去ったが、9月は哀川昇座長率いる新生真芸座が帰ってきた
新生真芸座は、奥道後劇場のこけら落とし公演を担った記念すべき劇団で、3年振りの公演となる
松山でいえば、2年半前に松山劇場にのって以来
私的には、ちょうど大衆演劇を観だしたころで、新生真芸座は、かろうじて1公演だけ拝見している
昇座長の芝居での野太い声音の男くさい演技と、可憐な女形舞踊のギャップ、それからきれいな女優がいたこと
哀川芝瞳若手リーダーが座長の息子、まあ1公演なのでこのくらいの記憶しかない
今月、見定めたいと思う

第一部 外題 三浦屋孫次郎

<あらすじ>
笹川の縄張りを荒らしたために報復されたにも関わらず、腹の虫の収まらない飯岡助五郎(哀川昇座長)は、子分の三浦屋孫次郎(芝瞳若手リーダー)に、笹川繁蔵を闇討ちして来い、と命じる
勘弁しておくんなせえ、と孫次郎は断る
なぜなら孫次郎は、7年前旅の途中で病の母と知恵遅れの妹を抱え途方に暮れてた時、笹川繁蔵に助けられた恩があったからだ
だが助五郎は、親の言うことが聞けねえのか、一回の恩と7年間の恩とどっちが重いんだ、と孫次郎を許さない
孫次郎は仕方なく笹川繁蔵(哀川昇座長二役)を待ち伏せし、刀を抜くもそれは形だけで、繁蔵に斬られて自分は死ぬつもりだった
その様子を見抜いた繁蔵は、訳を聞こうとするが、その刹那、見届け人として隠れていた成田屋(拓都)に後ろから刺されてしまう
とどめを刺そうとする成田を、孫次郎が斬って制し、
繁蔵親分7年前の恩を仇で返すようなこととなり申し訳ありやせん、と詫びた
繁蔵は、おめえはあの時の若者か、おっかさんは達者かい、と母の心配までしてくれた
さらに、俺の首がなければおめえが困るんだろう、なら首をとりな、とまで言ってくれた
そんなことはできやせん、と躊躇する孫次郎をみて、繁蔵は自ら腹を突いた
今わの際で繁蔵は、俺の首を持って行き身のあかしを立てたなら、そのあと首を笹川一家へ届けて欲しい、と孫次郎に託し絶命した
孫次郎は、繁蔵の首を持って一家へ戻り、飯岡助五郎に見せると、助五郎は繁蔵の生首にタンを吐き凌辱したうえで、
孫次郎、おめえは破門だ盃は水にする、と言い渡す
7年間飯岡に仕えた仕打ちがこれでえござんすか、と孫次郎は一家を去った
そして繁蔵の首を持ち、笹川一家へ届けにいく
笹川一家では、首のない繁蔵の弔いで姐さんや若い衆が悲しみに沈んでいた
孫次郎は、繁蔵の首を差し出し、笹川一家代貸の勢力富五郎(哀川昇座長三役)と対峙する・・・

<感想>
一幕四景、約1時間20分の芝居
これは、ええ芝居やったなあ、アナウンスにはなかったが、実質的な特選狂言やろう
この日が、わっしにとって初日となるが、いきなり凄いもん魅せてもろうたわ
昨年公演した本家真芸座の三浦屋を観たことがあるが、この芝居はわっしが昨年観た数多くの芝居の中で10本の指に入る素晴らしい出来であった
今回の新生真芸座の三浦屋も、匹敵する芝居やったな
主役の三浦屋を演じた芝瞳若手リーダーは熱演
この芝居には、最終盤に三浦屋孫次郎の長い長い一人語りがあり、一番の見せ場となるのだが、かなり良かった
死に様もとても良い
ちなみに本家版で、片岡大五郎座長が演じた三浦屋は、少し引いた感じで、三浦屋の心の動きを見事に表現していた
片岡大五郎座長は、見た目のイメージと異なり、繊細な演技が上手な役者だ
熱演型の芝瞳若手リーダーも、繊細な演技の片岡大五郎座長もどちらも良い
哀川昇座長は、三役演じ分け
新生真芸座は、大衆演劇の劇団の中では座員が充実してる方だと思うが、
本来はベテラン役者や太夫元などが演じる、飯岡助五郎も座長が演じたので、三役となった
ベテランの男優がいないのは弱い部分であるのだが、それを逆手にとった三役演じ分けに、客席はどよめいた
昇座長の飯岡は、とても厭らしく演じてて良かったし、笹川繁蔵は低い声音で重々しく、死に様には力が入ってとても良かった
三浦屋孫次郎は、わっしの中では超悲劇
悪党である飯岡助五郎は、三浦屋が死のうが笹川が死のうが痛くもかゆくもなく、ぬくぬくとして、
いやむしろ、さらなる繁栄を手に入れている
正義が敗れ、悪が栄える、理不尽さを描いてるのが超悲劇
ゆえに、この手の芝居は泣けるので、わっしは好きなのである
かなり良い芝居だった 文句なしの S級Ⅱ

CIMG3002 - コピー
この日の口上は、芝瞳若手リーダー
公演のこと、前売り券、劇団グッズ販売など


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
関連記事
コメント
この記事へのコメント
おっきくなりましたね
だんだん、顔立ちがキャビヤ君に似てきましたね!芝瞳君は従弟だから似ていてもあたりまえですが、同じ従弟の片岡大五郎君とは似てないナァ。
何故に(笑)
2016/09/06(火) 10:19 | URL | かおり #-[ 編集]
かおりさん
真芸座三兄弟の一族は、小男が多いですが、
片岡大五郎座長だけ、突然変異の如し
まあ、大五郎座長の弟の体系も似てますがw
2016/09/12(月) 21:43 | URL | 山口ジジイ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yamagutijiji.blog39.fc2.com/tb.php/2616-b0eb98d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック