元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です
utazou.png

この日、松劇ふれあい公演を観劇した私は、急ぎ足でJR松山駅前の、喜助の湯へと向かった
ワンコイン温泉での落語会があったゆえである
落語は、私が20歳~25歳の間に、ずいぶん嵌った芸能で、当時東京に住んでた私は、旧池袋演芸場などに、よく通ったものだった
一番最初に好きになった噺家は、柳家権太郎で、桂南喬、三遊亭圓窓、圓弥、圓丈、川柳川柳、今は人間国宝になった柳家小三治、芝居噺唯一の継承者である林家正雀など、まあ、いろいろ好きな噺家がいた 主に落語協会だ
名画座である昔の池袋文芸坐で、映画を観るのも好きで、黒澤明特集であるとか、仁義なき戦い5本立て、なぞというのを大きなスクリーンで拝見できたのは良かったが、この映画館では月に二回、金曜落語会、というのがあり、映画のスクリーンの前で、落語家や講談師、浪曲師など様々な芸人の繰り出す芸を観るのも好きだった
500円くらいと安かったし、今は亡き国本武春の浪曲を聴けたのは、良かったことだ
寄席に出れない、立川流の、立川マーガレット時代の快楽亭ブラックだとか、立川左団治、立川談之助、立川志らくといった、放送禁止落語会系の芸人の噺も聞くことができた
東京を離れ、あれから、数十年の落語との断絶を経ていたが、
15年前に地元松山に帰ってきて、ここ8年くらいだろうか、松山に巡業してくる落語を聞くようになった
まあ、拙ブログにおいても、たまには落語記事も書いてるような次第だが、今回行ったのは、桂歌蔵、まあ、喜助の湯のおまけで、落語家の世界では営業の類ではあれど、思ったより面白かった、無料やし

桂歌蔵は、落語芸術協会という、私が嫌いな方の社団法人に所属する噺家
読売がやってるテレビ番組、笑点に50年出演し続け、晩年は司会者もつとめた桂歌丸の、お弟子さんだそうだ
桂歌丸の落語は、松山に帰って来てから生で初めて聴いたが、かなり良かった
新作が多い芸術協会でも、こんなにもしっかりした古典落語をやる噺家もいるのだと知った
桂歌丸は、意外にも弟子が5人しかいないそうで、桂歌蔵は、4番目の弟子だそうだ
さて、どんな噺をしたのだろう

桂歌蔵は、
縁があって松山のバーかなんかで、落語会を8年してるそうで、
そこから広がり、今年は宇和島の方でも営業をしたそうだ

CIMG3198 - コピー

約30分の落語の内訳
最初の10分
長い枕、松山に来るようになったいきさつ
中盤の10分
小噺、おそらくオリジナルなのだろう
ブラックな小噺が多かった
最期の10分
落語 演目名不明
鮑のし的な噺
ひょっとすると、オリジナルで、桂歌蔵が作った作品かもしれない
しっかりしてるけど嫌なかみさんに言われるがまま、先生のところに主人公は行く
かみさんから、こう言えと口上を聞いてたが、上手く言えない、ここを笑いに変えていた
寛大な先生は、おもしろい、と言うが、最後に・・・

というような作品だった
冒頭述べたように、鮑のしの噺の構造によく似ている

まあ、大した噺ではなかったのだが、これは仕方ない

温泉に入りに来た人向けに語る噺なので、こんなものである
落語は、笑点の大喜利のことだと思ってる人も、けっこう多い
本当の落語は、いわば一人芝居であり、落とし噺で腹から笑わせたり、人情噺で泣かせたり、怪談噺で怖がらせたり、芝居噺では歌舞伎の動きを取り入れ華やかだったりと幅が広い
こういうのは、東京か大阪に遠征するか、根気強く地方に遠征するのを待ち、それなりの入場料を払わなければならない
温泉のおまけで無料で聴いたのだから、贅沢を言ってはあかん
無料のわりには、思ったよりけっこう、おもろかったで


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
関連記事
コメント
この記事へのコメント
大衆演劇と浪曲
 昔は大衆演劇と浪曲のコラボレーションも多かったと聞きました。国本武春さんが存命中に橘劇団とのコラボレーションを見る事ができて良かったです。
 東海館という昭和3年建築の元旅館の観光施設で実施されたお座敷文化大學の文化祭や東海館祭りで、伊東温泉や寄席などのイベントを楽しんだ事があります。河豚鍋と目黒のサンマ、普段寄席に触れる事の無い私でも、解りやすく面白かったです。
2016/09/17(土) 07:00 | URL | プロレスLOVE #-[ 編集]
プロレスLOVEさん
国本武春の死去は、本当に残念でした
私は、30年前に東京で、若き日の国本武春の浪曲、天野屋利平を聞いたことがあって、現代風にアレンジしてた
その後テレビや、寄席で時おり聴いてた程度なのですが、10年くらい前に、東京の国立演芸場で、聴いた浪曲は良かった
まだ若いのに、すでに風格があり、芸も格段に上達してました
血筋から考えても、浪曲界のサラブレットであり、若くして浪曲協会の理事になったのも、納得でした
もし、浪曲師で初めて人間国宝が出るなら、国本武春だろうと思ってただけに、本当に残念です
大衆演劇とのコラボ、橘劇団の節劇風の芝居も是非拝見したかったなあ
本当に残念です

落語の寄席は、大阪にもあるし、繁盛亭の2号店が兵庫にできると聞いてます
やはり寄席の方が、きちんとしてると思います
私も、大阪で何度か聴いてますが、上方落語より、東京の落語の方が、芸がしっかりしてます
2016/09/17(土) 21:46 | URL | 山口ジジイ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yamagutijiji.blog39.fc2.com/tb.php/2629-4778160b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック