元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です

2017/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/08

これは、ええ芝居やったなあ
実質的な特選狂言だろう

第二部 芝居 長谷川伸シリーズ 関の弥太っぺ

<あらすじ>
関の弥太っぺこと、関の弥太郎(一馬座長)は、女郎屋に売られたという噂を頼りに、行方知れずとなった妹を探す旅をしていた
ある日、親子連れの巾着切にあい、妹を救うために貯めた50両を盗まれる
この巾着切をやっと探し当てた弥太郎だったが、巾着切の和吉(中野弘次郎特別ゲスト)は、斬られていた
奇しくも、弥太郎の弟分の箱田の森介(龍太若座長)が、和吉に金を盗まれ弾みで斬ったのだった
調子のいい森介は、和吉を弥太郎に押しつけ去ってしまう
死ぬほどの深手ではなかったが、和吉は娘のお小夜(子役ほのか)を弥太郎に託し、崖から飛び降りて死んでしまう
幼いお小夜を不憫に思った弥太郎は、和吉の遺言通り、お小夜を吉野宿の沢井屋へ連れていく
沢井屋の女将(胡蝶つき子)は、こんな子供は知らないので押しつけられても困る、と断る
弥太郎は、やっと取り返した妹のための50両を女将に渡し、お小夜の10年間の養育を頼み旅に出る
あれから10年
妹を亡くし、助っ人稼業で人を斬り続けた弥太郎は、凄惨な風貌に変わっていた
弥太郎は、たまたま通りかかった吉野宿の茶店で、奇妙な噂を耳にする・・・

成長したお小夜(白富士つばさ)
吉野宿の茶店主人(洸副座長)
噂をする商人(聖人花形)

<感想>
一幕四場、約1時間の芝居
これは、ええ芝居やった
一馬座長がやっぱり良かったし、小悪党を演じた龍太若座長も良かった
白富士つばさは、きれいやし演技もいい、才色兼備ですなあ
まあ、私のようなおっさん客好みの、渡世人の悲劇
劇団京弥は、こういう古い芝居を大切にしてて、ええねえ
やっぱり、この手の芝居で、実力を発揮するように思う
この芝居は、 S級Ⅱ

CIMG3210 - コピー
芝居終演後の口上挨拶 白富士一馬三代目座長
今後の芝居について、前売り券販売など

CIMG3201 - コピー
CIMG3202 - コピー
CIMG3203 - コピー
特選狂言が、多い
確かに、大ネタが並んでいる


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
関連記事
コメント
この記事へのコメント
芝居は
年配の役者がいないのになかなかよかったです!
まあ中野弘二郎座長が締めていたからかもしれないけどよかったです!でも舞踊は、全体的に華やかさが感じられなかったです!私は
2016/09/18(日) 20:21 | URL | 岡村 #-[ 編集]
村芝居
 松山の村芝居で観たのが、初めての演目です。そろそろ稽古が始まる頃でしょうか。沓掛時次郎→関の弥太っぺ→瞼の母 番場の忠太郎と来ています。今年は何を演じるのかな?(* ´ ▽ ` *)
2016/09/19(月) 05:24 | URL | プロレスLOVE #-[ 編集]
岡村さん
いい芝居しますよねえ 京弥は
華やかさが足りない、というのも同感です
ですが、私のような、芝居重視で観に行ってる客にとっては、いい芝居をしてくれるので、いいですよう

プロレスLOVE さん
おお、村芝居の話、覚えてますよ
私も、一度観て観ないといけないと、
おもってます
2016/09/21(水) 02:28 | URL | 山口ジジイ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yamagutijiji.blog39.fc2.com/tb.php/2632-61064a6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック