元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

CIMG3389.jpg

上方落語の噺家、笑福亭たまの落語会に行くのは、今回で3回目となる
地方の落語会なれど、地獄八景などの大きなネタをやってくれるので、ええんよね
私がたまの噺を初めて聴いたのは、今から15年くらい前、最初勤めた会社が倒産し、時間ができたので、東京~名古屋~大阪あたりを20日くらいかけて旅した時だった
旅の終わりに、大阪に寄り、一緒に失業した同僚たちと飲んだのだが、そのおりワッハ吉本の会議室のようなところで、桂つく枝勉強会を聴きにいったのだが、
そのおりのゲストが笑福亭たまだった
あの頃は、東京式にいえばたまは前座だったのだろうが、割としっかりした噺をされてて、大阪の客にも受けてたと思う
その笑福亭たまも、今や芸歴18年だそうで、中堅どころ、東京式に言えば、真打ちに昇進し数年、中堅若手噺家、油の乗ってるころだろう
さて、今回の落語会

前座として、林家染八がゲスト
当代の小染の弟子であり、実子だそうだ
小染といえば、私の世代だと、大阪発の人気テレビ番組、ヤングオーオーのパンダースだったっけ、八方、文珍、きん枝といわば4人組のユニットを組んだ小染がイメージに強い
ぽっちゃりた体型で、愛嬌があったが、早くに死んだ
あとから知ったが、ずいぶんと酒癖が悪く、一つの原因だろう
当代は、この小染の弟子だそうだ
私は、一度だけラジオで当代小染の噺を聞いたことがあるが、覚えてるくらいなので、上手だった
上方らしく、大げさな演出がおもろかった
当代小染の実子、染八は、今回、奇しくも同じ、河豚鍋の演目を噺した
芸歴6年なら、なかなか達者な方じゃなかろうか
まずまずおもろかったで

そして、中とり
たま 新作 幽霊病院
外題は分からないので、私が勝手につけたのだが、検査入院した主人公が同室の患者や医者、看護師と、幽霊に怖がらされるという落とし噺
新作落語は、あまりすきじゃないのだが、けっこうおもろかった

休憩挟んで、とり
たま、 崇徳院
これは有名な大ネタ
茶屋で一度だけ会ったお嬢さんに恋煩いした若旦那
そのお嬢さんを探して歩く熊五郎の苦労の物語
ええ噺が聴けた
行って良かったで
次回は、3月だそうである

CIMG3390.jpg
CIMG3391.jpg
CIMG3392.jpg


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
関連記事
コメント
この記事へのコメント
新作狂言
 日曜日に、桂三枝さんの創作落語、ゴルフ夜明け前を元ネタにした新作狂言、龍馬と近藤と沖田と時々ゴルフ(劇団花吹雪)を観ました。
 座長いわく、毎週休みがある劇場(3月の三吉演芸場?)に乗った時、観に行った劇団(木馬館の劇団美山?)がやっていたのをパクったとの事。美山は、近々新開地に来るので、予想があっていれば、ゴルフ夜明け前が観れるかも。見比べたいです。( ^ω^ )楽しみです。
2016/09/27(火) 13:45 | URL | プロレスLOVE #-[ 編集]
プロレスLOVE
ぱくったのですねw
観れたのかなあ?
2016/10/28(金) 22:00 | URL | 山口ジジイ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yamagutijiji.blog39.fc2.com/tb.php/2647-73962736
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック