元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です
この日のお目当て、森の石松の最期はどうだったのか

特選通し狂言 森の石松の最期

<あらすじ>
清水次郎長親分の代参で、こんぴら様に刀を奉納した遠州森の石松
清水港へのけえり道、見受山鎌太郎一家に草鞋を脱ぐと、鎌太郎親分からお蝶の姐さんへの香典だ、と百両を預かる
見受山をあとにした石松が、故郷遠州を通りかかると、都田村で幼馴染の都鳥三兄弟と出会う
都鳥は、黒龍屋の花会に百両必要だが、金がないし評判が悪いから誰も貸してくれない
都鳥は石松に目を付け、口先で上手いこと言い、必ず返すから金を貸してくれ頼む石さん
石松はついつい百両を借してしまう
 ~芝居はここから~
約束の期限を過ぎても百両を返さないので、石松(一馬座長)が都鳥三兄弟に、早くけえせどうなってるんだと言うと、
都鳥吉兵衛(龍太若座長)は明日返すから、と答え、石松を奥の間に案内し酒を飲ませた
都鳥は、口からでまかせで何とかなったが、百両返す当てはない、と困っていると
ほげた九六の子分(聖人花形)が、一家にやってきて、
石松に賭場を荒らされ追ってきやした、あっし一人じゃ斬れないのでどうか力を貸しておくんなせい
都鳥三兄弟は、そうだこいつと石松を戦わせ、石松を後ろから騙し討ちしよう、と悪だくみ
石松を起こし、金を返すからと暗闇に誘い出す・・・

小松村七五郎(中野弘次郎特別ゲスト)
お民(白富士つばさ)
都鳥常吉(白富士しんのすけ)
都鳥梅吉(洸副座長)

<感想>
一幕四場、約1時間10分の芝居
御存じ、森の石松閻魔堂の最期
各劇団が、座長襲名や誕生日公演でも演ずる、大ネタ中の大ネタだ
一般的には、三十石船の場で笑いを取り、都鳥と再開し金を貸し、騙し討ちされる流れが多い
劇団京弥の特徴としては、三十石船の場や金を貸す場がない
今回は省略したのかもしれない
その分、閻魔堂の場で、血糊を使った演出効果の立ち回りを念入りに行ったところに特徴があった
一馬座長は、かなりの熱演でしたなあ
さて、私的にだが、三十石船の場はやはりあった方が良い、旅の雰囲気が出るからね
金を早くけえせ、から始まると、どうしても唐突感がある
また、設定を少し変えている点も気になった
例えば、ほげた九六が生きている点、彼を成敗できた感謝を込めての金毘羅代参やからね
お民は、武家の娘で槍を使って、都鳥を追っ払う
私は広沢虎造の浪曲から石松の物語に入ったので、設定が変わるとどうしても違和感がでてしまう
まあ、初めて観た人は、こんな違和感あるわけないし、好みによるだろう
一馬座長の熱演は良かったし、アドリブを一切封じた中野弘次郎特別ゲストの七五郎も良かった
お馴染だが、松山劇場の本笹使用の舞台設定もやはりいいねえ
なかなか良い芝居 SⅢ

CIMG3420 - コピー CIMG3421 - コピー
CIMG3422 - コピー


CIMG3419 - コピー
この日は梯子観劇
観劇前に喰らった、ざる蕎麦
かけ蕎麦は、大晦日くらいしか喰らわんが、ざる蕎麦は好物でござんす


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yamagutijiji.blog39.fc2.com/tb.php/2651-dc9f0bae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック