元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です
早いもので、今月も千穐楽を、迎えた
劇団京弥、新生真芸座ともに芝居が良く、毎回のように水準を超える、S級の良質な芝居をわっしは観ることができた
幸いこの日わっしは仕事が休みで、どちらも観たいがはてどうしよう、と考えた末、松山劇場の劇団京弥に決定
両劇団の芝居は甲乙つけがたく、新生真芸座はわっしの好きな飛車角だし奥道後なら次月優待券をもらえるので迷ったが、理由としては、
①あと4カ月で帰ってくる新生真芸座よりも劇団京弥を優先したい、
②新生真芸座の千穐楽だと、むちゃくちゃ客が入り立見になるやもしれん、と考えたからだ
まあ、飯屋でも適度に空いてる方が、落ち着いて食べることができ、おいしく味わえるからねえ
客席は、ほどの良い80人くらいやったか
大入りが出て、我々観客は劇団京弥との名残を惜しんだ

第一部 顔見世ミニショウ
(舞踊メモ 舞踊順)

CIMG3455 - コピー
オープニングは、群舞踊

CIMG3456 - コピー
CIMG3458 - コピー

顔見世ラスト
CIMG3459 - コピー

4本20分ほどの顔見世ショウ
劇団京弥の顔見世ショウは、4本20分が基本で、顔見世は顔見世程度が良いと常々思ってるわっしにとって、理想的
芝居が長い時は3本だったり、一番多い時でも5本だったと記憶してる
ただし、ふれあい公演は6本だった


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yamagutijiji.blog39.fc2.com/tb.php/2652-4d6e343c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック