元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です
名作 続・夕日のガンマン を観た
午前十時の映画祭7で、七人の侍に続く映画観賞である
入場料は1100円

CIMG3826 - コピー

<ストーリー>
賞金稼ぎのブロンディー(クリント・イーストウッド)は、お尋ね者のトゥーコ(イーライ・ウォラック )と組み、賞金詐欺を繰り返すが、トゥーコが嫌になり置き去りにする
恨みに思ったトゥーコは、執拗にブロンディーを追い続け、銃で脅し砂漠を歩かせ死なせようとする
そこへ南軍の馬車が通りかかり、中にいた瀕死の男から20万ドルの金貨を隠したことを知る
トゥーコは金貨を隠した墓地の場所だけを聞き、ブロンディーは墓標名だけを聞いたところで、男は絶命する
2人は協力せざるを得なくなり、トゥーコは態度を改めブロンディーを兄の教会に連れていき介抱する
ブロンディーが回復したので、2人は南軍兵士に成り済まし墓地へ急ぐが、北軍につかまり捕虜となってしまう
捕虜収容所に連行されると、そこにはもう一人のガンマン、20万ドルの金貨を狙うエンジェルアイ(リー・ヴァン・クリーフ)が下士官に成り済まし潜伏しており、トゥーコを拷問にかけ隠し場所を聞きだす
三人のガンマンの金貨争奪戦のゆくえは・・・

<感想>
続・夕日のガンマンはセルジオレオーネの代表作
西部劇を欧州流儀で撮るという、いわゆるマカロニウエスタン
あちらではスパゲッティーウエスタンというそうで、日本では語呂が悪いってんでマカロニと呼ぶことにしたらしい
夕日のガンマンは、賞金稼ぎと仇役に因縁があり硬派な印象だが、続・夕日のガンマンは娯楽性が高いところに特徴がある
私は、続・夕日のガンマンの方が好きなのだが、続編の方が好きというのは珍しい事象
もっとも、続・夕日のガンマンは、出演者が重複してるだけで、夕日のガンマンの続編ではないそうだ
英題は「The Good, the Bad and the Ugly」、直訳すれば「善玉、悪玉、卑劣漢」が題名である(※ウィキペディアより)
そういえば、以前テレビの吹き替えで観た時は、俺汚い奴、俺悪い奴、俺いい人と言ってたな
山田康雄が、クリント・イーストウッドの声を演じてたのが懐かしい

映画館で観たのは今回が初めてだったが、横長の画面がいいですな
シネスコープか、あるいはもっと長い画面に映し出される南北戦争の情景は、テレビの比率では分からなかった
映画冒頭から顔のアップが乱発され、印象的だ
映画最終盤には有名な、三人のガンマンの決闘シーンがあるのだが、何度も何度も顔のアップ
長い長い引っ張りすぎかという長回し、5分くらいあったのでは
改めて観ても、手に汗握るシーンであった

エンニオ・モリコーネの作曲した映画音楽もかっこいい
任侠映画を観た観客は肩を怒らせながら映画館を出る、という話があるが、
今回私は映画館を出る時、続・夕日のガンマンの主題歌を口笛で吹いていた


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
関連記事
コメント
この記事へのコメント
キャバクラ嬢の暴露ネタ爆笑動画
「夕日のガンマン」は懐かしい言葉ですねー?子供の頃に流行った言葉ですね?映画は見た事があるか記憶にありませんが、「夕日のガンマン」も名作でしょうね。
2016/11/02(水) 08:49 | URL | 智太郎 #Cv7CRq2s[ 編集]
智太郎さん
マカロニウエスタンの傑作です
是非、拝見してください
2016/11/06(日) 03:16 | URL | 山口ジジイ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yamagutijiji.blog39.fc2.com/tb.php/2690-b096fd89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック