元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

CIMG3925 - コピー - コピー

父を亡くし、早いもので7カ月が過ぎた
今までいた人間がいなくなるというのは、実に寂しいもので、一時にくらべ気持ち的には落ち着いてきたものの、生きていてくれたらなあ、とふっと思うこともある

八坂霊園で小さな墓を建てることにしたのだが、いよいよ工事が始まった
この日、現場に行ってみると、思ったより工事は進んでおり、地業が終わり、土台というのか舞台というのか、その一部
が組まれていた
この上に石板が組まれ、その上に墓石が乗る予定だ
今月完成するので、12月には開眼供養を行おうと考えている

CIMG3916 - コピー - コピー

このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
関連記事
コメント
この記事へのコメント
お父様も……。

立派なお墓を建立なさって、お父様もさぞや喜んでおられると思います。
でも……。
山口様も書いてらっしゃいましたが、やはりお父様を亡くされたお心の痛みが癒えるということはないですよね。

数年前、私も無二の親友が急逝した時、通夜に駆け付け亡き骸と対面し、お葬式に参列したにも拘らず、私は彼女が亡くなったという事実を認めたくなくて、一年間以上もお墓に行けませんでした。
彼女がお墓に眠っていることを自分自身に納得させたのは、ずいぶん経ってからです。
ですが今は、大阪のお墓で安らかに眠っている彼女に会いに出掛けては、たくさん話をしています。

お父様の納骨を終えられても、山口様はまだまだお辛いでしょうが、こんな立派なお墓に入られるお父様は絶対に誇らしいお気持ちだと思いますから、どうか山口さまも少しずつお元気を出されますよう、お祈りしています。
そして、お母様のことをいつもお心に掛けてさしあげて下さいね。
いちばんお辛いのはお母様だと思いますから……。
2016/11/07(月) 14:24 | URL | コスモス #-[ 編集]
コスモスさん
一番小さい墓にしたのですが、掃除が楽なので、これはこれで良いと思います
実は、父の遺言では、墓を建てるな、寺の檀家にはなるな、でした
亡き父は、墓を建てずに、いきなりの合葬がいいといってました
もうじき50歳になろうとする私が独り者なのを慮ってのことです
子孫が増えないので、墓守が望めないので、合祀を望んだのでした
父が亡くなった当初は、父の遺言に従って、合葬で話を進めたのでした
だが、合葬の穴が一杯になると、二番目の穴に母が入るかもしれぬ、と考えた
つまり、一緒の穴に父と母が入れない、かもしれない
そこで、小さな墓を建てて、父と母と私、そして妹もこの墓に入り、皆が集まったところで一緒に合葬の穴に入ろう、ということになり、今回のこととなったわけです
もしかすると、妹の娘が子孫を増やし、墓守が続くやもしれません
まあ、どっちにころんでも、いいように、小さな墓を建てたというわけです
きっと父もそれで良い、と言ってくれるはずです
2016/11/11(金) 01:48 | URL | 山口ジジイ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yamagutijiji.blog39.fc2.com/tb.php/2696-e97d8cb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック