元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

middle_1153892453.jpg

テレビのニュースや情報番組、ワイドショウ、あるいはネットニュース等を見ていると、アメリカ大統領選挙で、あのトランプ氏が勝つかもしれないという報道が目につく
うーむ、理解に苦しむ

トランプ氏は、政治経験のない民間の経営者だそうだ
元々共和党員ですらなく、ビルクリントンが大統領になった時は、彼の支援者だったという
私がトランプ氏の公約で、一番驚いたのがメキシコに壁を築く、だ
メキシコとの国境に、壁を築き、その費用をメキシコ政府に払わせる、という公約
まあ、話としてはおもろいのだが、そんなことできるはずがない
例えば私が、隣の家の人が気に入らないから塀を勝手につくり、その費用は隣に払わせる、といったらどうだろう
そんなこと日本国中、通用する町はないだろう
アメリカでは通じるのか、そんなの通じるはずがない、世界でもそんなことが許される国を、聞いたことが無い

まあ、アメリカは自由な国なので、表現の自由により、どんなことを言ってもいいと思う
問題は、そんな驚くべき発言をするトランプ氏が共和党の候補に残ったこと、つまりは共和党の有権者たちが選んだということ
ダークホースだったトランプ氏が、共和党の有力候補たちをバッタバッタとなぎ倒し、ついには大統領選挙の最終盤で、勝つかもしれないと報道されている
アメリカの三大ネットワークABCのアンケート調査で、トランプ氏がヒラリー氏を1ポイント逆転したという
どうかしてるぜアメリカ、有権者ども

ロバートロドリゲス監督の作品、マチェーテという映画があった
これは、メキシコで保安官をしてた主人公のマチェーテが、メキシコの麻薬組織に命を狙われ国を追われアメリカに不法入国し、敵対する麻薬カルテルと対峙し撃破するというアクション映画なのだが、その中に登場ずる、テキサス州知事だったか上院議員だったかが、選挙公約にしてたのが、メキシコ国境に壁を築く、だったと思う
ロバートロドリゲス監督の映画はコメディー要素も多いので、もちろん大げさなギャグで笑えるところなのだが、
こんなバカげた公約が、現実の大統領選で公約とされ、さらにはアメリカの有権者たちにトランプ氏がかなり支持されている、というのは驚くばかりかあきれる

ヒラリー氏には、確かに国務長官時代のメール問題という検察に訴追されかねない問題もあった
確かに国家権力の持ってる情報は世界に大きな影響を与えるので、慎重に扱わねばならぬ
とはいえ、日本の会社員でも、会社メールアドレスでなく、個人アドレスに送って、というのは、誰しも経験したことではないだろうか
ヒラリー氏は訴追されかねない行為をしたが、人情として理解できなくもない
それに比べ、トランプ氏のどうかしてる公約や、人種差別発言、セクハラ疑惑などは、許されないものだ
それが証拠に、共和党の元大統領ら大物たちが、共和党候補のトランプ氏を応援しない、という

以上を踏まえて気になることが
アメリカのドキュメンタリー映画監督のマイケルムーア氏が、直近の公演で、トランプ氏が勝つだろう、と言っている
私がマイケルムーア氏の名前を知ったのは、映画ボーリングフォーコロンバイン
これは、アメリカの大学で虐めにあってた大学生(確か韓国系)が、銃を乱射して15~16人の死者が出た事件をドキュメントした作品
日本でもこの映画は流行ったが、その後の氏の作品も、華氏911では兵役逃れする議員の息子達を描き、貧乏な子供たちをイラク戦争に行かせてる事実をドキュメントしたり、題名は忘れたが、アメリカには国民皆保険がなく、貧困層は医療を受けられない、政府批判と医療問題に斬り込んだ作品
つまり、マイケルムーア氏は時の権力を批判するリベラルな考えの持ち主であり、共和党支持者でもトランプ支持者でもないのだが、その氏が、私は絶対支持しないが、おそらくトランプがヒラリーを破り、大統領になるだろう、と公演を聞きに来た観客に断言してた

その理由としてマイケルムーア氏は、アメリカでは格差が広がり中間層から落ちこぼれた底辺の人々の怒る感情に立つのが、トランプ氏、だというのだ
ヒラリー氏は、どうあがいても成功者であり、底辺の人々は支持しない
アメリカの格差は広がったが、唯一平等なこと、それは金持ちでも貧乏人でも投票券は1票
アメリカの空気感に敏感なマイケルムーア氏には、何か感ずるものがあったのだろう
ユーチューブを探せばこの動画が観れる

私はマイケルムーア氏のドキュメント映画も好きなのだが、今回のトランプ氏が大統領になるという予想だけは外れて欲しいと思う

かつて、「アメリカがくしゃみをすれば、日本は風邪をひく」と言われていた
それくらいアメリカの存在は大きい
大統領選挙の結果に注目したい
本日火曜日、平等な一票により、投票は行われる


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
関連記事
コメント
この記事へのコメント
どうなるんですかね?アメリカは日本が同盟国と言いますが、私はいまだにアメリカの占領国だと思ってます。日本は!
2016/11/08(火) 19:15 | URL | 川中 #-[ 編集]
大国アメリカ
同盟国なのに見放されたら、いちころ。
2016/11/09(水) 04:30 | URL | 凡・ハヤト #kmBhwWbA[ 編集]
川中さん
実は私も同感で、日本はアメリカの属国だと思ってます
トランプ氏が公約を果たし、日米同盟の駐留米軍にもっと金を出せというのなら、米軍に帰ってもらっても良い、と思ってます
アメリカの軍隊に恒常的に金を払うなら、日本の軍人にその税金を柄た方が良い、と私は思います
アメリカの世界戦略、虐殺に日本は加担せずにすみますからね

凡・ハヤトさん
確かに見放されたら、怖い
でも、自主独立になりたい、というのもあるのではないでしょうか
アメリカの軍人を養うより、日本の軍人に税金を使いたい、そう思ってます
2016/11/11(金) 01:53 | URL | 山口ジジイ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yamagutijiji.blog39.fc2.com/tb.php/2697-7fdbb01f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック