元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

第一部 外題 風雪流れ旅

<あらすじ>
二天門一家のしぐれの竜二はお嬢さんに惚れており、親分も一緒にさせたいと考えていた
が、お嬢さんは大店の大黒屋の若旦那と互いに惚れあい夫婦になった
めでたく赤子も生まれたが、赤子は盲だった
~芝居はここから~
二天門八平衛親分(大日方きよみ責任者)は、大黒屋で大旦那(大日方満太夫元)と口論していた
大旦那は、盲の赤子はいらない、そちらで育ててくだされ
八平衛親分が、大旦那にとって初孫なんですからそんなこと言わず堅気の子供として育ててください
そうかい、それならば赤子は引きとりましょう、ですがお前さんとこの娘は離縁する、連れて帰っておくれ
そりゃああんまりだあ、と八平衛親分が赤子を引き受けることになり、養育費だと手切れ金を渡される
赤子を抱えた八平衛親分が嘆いていると、子分の中では兄貴格のしぐれの竜二(大日方皐扇座長)が現れ
親分わっしがその子を育てやしょう、この子がやくざになっちゃあいけねえならわっしは渡世の足を洗い、この子はきっと堅気に育てやす
赤子を抱え江戸を離れた竜二、昼は飯場で働き夜は三味線流しをし、懸命に赤子を育てた
赤子は竜二になつきすくすく育ち、貧乏ながらも幸せな日々だった
あれから8年、維新が起こり江戸幕府は倒れ、時代は明治となっていた
久方ぶりに生まれ故郷の江戸に帰ってきた竜二と、成長した新吉(浪花の小虎)の2人連れ
その姿を見つけた大黒屋の大旦那が、竜二に声をかける
私の孫を返して下さい、あれから8年息子夫婦(美川信二か見澤信二だと思う)に子供ができず、このままでは大黒屋の身代が続きません
なんて勝手なことを言うのだ、そんなに子供が大事なら、なぜあの時この子を捨てたのだ、と怒る竜二
大黒屋大旦那は、二天門一家二代目(藤川智昭)のところにいき竜二の説得を依頼する・・・

若親分の弟(大日方忍花形)
竜二の弟分で渡世人の足を洗った魚屋千太(仁童竜之介)

<感想>
一幕三景、約1時間10分の芝居
風雪流れ旅というので、てっきり喧嘩に出た親分が留守中に、女房と子分が手と手を取って駆け落ちし、母を恋しがる息子を連れて雪降る中あとを追うという渡世人の芝居かと思ったが、そうではなかった
まあ、今回の風雪流れ旅も子別れもので、子役をつかった大衆演劇らしい作品、なかなかのものだった
芝居の良し悪しに大いに影響する子役は、浪花の小虎、なかなか良かったのでは
二年前、一度だけ満劇団を拝見したが、あのおりの子役も小虎だった
あの時の芝居のできは、かなり悪かった
なぜなら小虎は愁嘆場のセリフが覚え切れてなく、舞台で隣にいた目明し役の大日方きよみ責任者に小声でセリフを教えてもらいながらセリフを喋ってたから
いわばカンニングをしながら舞台を務めてたのだが、堂々と発するセリフと舞台度胸に、キラリ光るものがあったと私は記憶している
現在小学3年生というから、二年前は小学1年生、子役の台詞の量も膨大な芝居だったから仕方ないのだが、
あれから二年経ち芝居がうまくなっているのが分かった
小虎の資質から考えるに、はまり役は溌剌とした子供のはずで、今回のようなよわよわしいのは、はまり役ではないはず
だが、きっちりよわよわしさを表現できてたのは、小虎の演技力が向上したからなのだ
さて、今回の芝居全体をいえば、あまり出来の良いものではなかった
座員数の問題なのだろう、適切な配役になってなかった
また、ベテランの藤川智昭がセリフにつまる場面があり、
大衆演劇は毎日外題が変わるので、役者さんが大変なのは観客も理解しており、高い完成度を求めてるわけではない
セリフ間違いやセリフ詰まりがあったとき、うまくごまかしてくれれば、それでよい
だが今回のように、セリフ詰まりでそのままセリフを端折るというのは、いささか白けてしまうのだ
ベテランの藤川智昭が若親分を演じるのは適切な配役でないが、これは若手が少ない劇団の責任
セリフ詰まりをうまく処理できなかったのは、役者の責任だろう
経験の多いベテランらしく、うまくごまかしてくれれば、さほど気にならなかったのに、あそこが目立ってしまった
あと、風雪流れ旅の外題は、不適切である
なぜなら、舞台が江戸なので雪もなく、あの名曲と合ってなかった
なかなかの芝居 AⅠ

CIMG3929 - コピー
CIMG3930 - コピー
口上挨拶 大日方皐扇座長
公演のこと、前売り券、座員の紹介など

CIMG3904 - コピー

このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
関連記事
コメント
この記事へのコメント
木曜日から3泊4日しました♪
 風雪流れ旅を観に来られた客の事も考えて欲しいですね。私はアレンジ等も楽しむ方なので、良いのですが。
 奈良と京都に行ってきました。弁天座(奈良県)では、貴殿も紹介されていた劇団千章を観劇。以前にも関東で観劇した事があり、関西色の強い劇団だなと思っていましたが、関西の劇団みたいですね。座長から、暫く振りですとお声かけしてもらいました。役者の記憶力には、驚くばかりです。人違いかもしれませんが。(^_^;)
2016/11/09(水) 21:36 | URL | プロレスLOVE #-[ 編集]
プロレスLOVE さん
確かに旅役者の記憶力は凄いですね
大和みずほ座長は、私のことを覚えててくれました
入場料を払うので精いっぱい、お花などつけたことのない貧客の私を
劇団千章、千章太夫元が特にいいでしょう
2016/11/11(金) 01:56 | URL | 山口ジジイ #-[ 編集]
劇団昴星
座長に限らず、劇団昴星の皆さんは貴殿の事を覚えているようでした。香川県のセンターで観劇した時、聞かれましたよ。
2016/11/11(金) 13:43 | URL | プロレスLOVE #-[ 編集]
座長、座員に顔を覚えてもらうには、よほど高額なお花を付けるか、よほど綺麗な女性でないと無理でしょうね。
熱心な男性ファンなら目につくでしょうし、的確な感想をブログに載せれば、喜ばれるでしょう。  あ、そうそう風美劇団へ
マンゴー1箱プレゼントしてた男性いましたね。  それもええなあ
2016/11/11(金) 21:32 | URL | 千葉のばばあ #-[ 編集]
差し入れ
マンゴー大好きなので、自分で食べちゃうな。(*´-`*)ゞ
2016/11/12(土) 09:01 | URL | プロレスLOVE #-[ 編集]
プロレスLOVEさん
えええ、そうなのですか
なるべく握手も敬遠してるのに、凄い記憶力だなあ
うーむ、ブログ見てるんでしょうかねえ

千葉のばばあさん
そうですね
男の客はめだつのかもしれません
2016/11/18(金) 15:46 | URL | 山口ジジイ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yamagutijiji.blog39.fc2.com/tb.php/2698-7233245b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック