元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

CIMG4064 - コピー

日本人はやくざ物と刑務所物が好きだ、そういう本を書けば必ず売れるはず、と安部譲二氏は「塀の中の懲りない面々」を著し、目論見通りベストセラーとなった
東映中興の祖、故岡田茂元社長は、日本人の怖いものを覗きたい、という気持ちをテーマに、東映やくざ路線や刑務所もの、実録路線を企画し、映画斜陽期に観客動員数を増やした

私も、やくざ、刑務所は、どんな世界なのだろう、という興味はあるが、実際に入ったりは嫌なので、安全なところから見学したい

というような訳で、松山刑務所で矯正展があり、見学会に行ってみた
まず、見学申し込みをし、注意事項などの説明を受ける
刑務所の中は、絶対に撮影禁止、建物の構造が外部に知れ渡ると、治安上問題になるので
持ち物は、絶対に落とさないように、もし懲役に拾われたら、大変なことになる可能性がある
持ってるカバンまで、ビニルの大きな袋に入れてください、という徹底ぶりだった

上の画像が刑務所の塀だが、高さ5メートルはあろかと思われる
いよいよ塀の中に入る
見学コースは、懲役たちが働く工場、生活してる雑居房
もちろん、懲役囚がいない無人の状態

見学した工場は、機械で鉄の部品を作っている金属工場
古くて殺伐とした工場だが、床にはチリ一つ落ちてなかった
普段からそうなのか分からないが、おそらく一般公開に向けて、念入りに掃除したのだろう
たくさんの機械があった
旋盤やドリルの機械、中にはNCも
プログラムを打ち込み、自動で部品を加工する
懲役の作業は、もちろん罪滅ぼしの強制労働なのだが、同時に社会復帰したときの職業訓練でもある
同じ機械工作でも、単純作業でない作業も経験させるのだろう

松山刑務所には、全国的にも珍しい理容師の職業訓練もある
座学と実技を教え、刑務所の中で理容師の資格を取得できるそうだ
他県の刑務所から、留学じゃないが、2年間だけ松山刑務所に寄宿して勉強してる懲役もいるそうだ
松山刑務所の資格合格率は、一般人にくらべ高いそうで、合確率が100%に近いそうだ
全国に2カ所だけ、一般人の頭を有料で懲役が散髪する刑務所もあるそうだが、松山にはそこまではない
おそらく、理容師の勉強をしてる懲役が、他の懲役囚の頭を丸坊主に刈ってるのだろう

懲役囚の生活、雑居房
広さは畳みにして12畳くらいだろうか、もう少し広かったか

共同部屋の雑居房では、10人の懲役が共同生活を送っている
12畳といっても、洗面、便所などを含めてのこと
全員の布団を敷きつめると、足の踏み場がないくらい、満員にみえる
元々は8人が定員だったそうだが、犯罪者が増えて10人にしたそうだ
だから、壁に個人の棚があるのだが、あとから追加した棚が二つある
冬は暖房がなく、厚い生地の服を着て凌ぐ
夏は団扇が支給されるが、一昔前から扇風機が一台備え付けられている
テレビは一台
雑居房の中に入ってみると、窓に鉄格子と目隠し、廊下側には開口があるが、やはり鉄格子、食事などを受け取る小さなスペースがあいてる
この中で10人での共同生活を想像すると、かなりストレスを感じる

実は今回、二回目の見学なのだが、昨年に比べると刑務所見学の展示パネルなどが少なくなってたのは、残念
昨年は、工場の売り上げ目標や、労災の数値なども観れたのだが、消されていた

塀の外に出ると、いろいろな店が出店されていた
他県、主に中四国の刑務所からも出展されてて、土地柄だろう面白かった

今年躍進し話題になった広島カープのグッズなども、刑務所でも作ってるそうだ
リストバンドとかバンダナとかに、広島カープのロゴが描かれてある
他の県では特産なのだろう、懲役囚が作った、立派な陶器が並んでいた
北海道の刑務所は、服とか布製品、網走刑務所と大きく書かれた前垂などあって面白い
誰が着るのだろう、と不思議な気もするが、ある種のブランドなのだ、網走刑務所は
網走刑務所は、山に例えると富士山、刑務所の中の最高峰ですな

松山刑務所の出張所のような感じで、今治市の方にある塀のない刑務所の紹介もされていた
全国的にも珍しいそうで、期間労働者のような感じだった
そして塀のない刑務所に功績があったのだろう、今は亡き坪内寿夫氏の顔を久しぶりに拝見した

CIMG4061 - コピー

CIMG4143 - コピー
CIMG4144 - コピー
CIMG4145 - コピー

このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
関連記事
コメント
この記事へのコメント
新聞部
 刑務所一般解放、毎年行っていますね。

 新開地劇場では、新聞部の学生さんの姿をちょこちょこ見かけます。私も学生の時に活動すれば良かったな。←当時は大衆演劇、全く興味がなかった奴の戯言。(^_^;)
2016/11/20(日) 11:58 | URL | プロレスLOVE #-[ 編集]
カープグッズ作成には驚きました
刑務所には正直入りたくないですけど、職業訓練はやはり必要でしょう。再就職は極めて難しいのでしょうが・・・
2016/11/20(日) 15:26 | URL | 宇都宮人 #-[ 編集]
前科者では無いですが
時々、懲役年数だったり実刑に不満を抱く報道もありますが、僕も以前シツコイJAの営業マンに頭突きし負傷し、検察側と数分語り留置所に1週間居ましたが、最初から弁護士を使えば留置所2日間で出所出来た。留置所にもヤクザがらみの方々が多かった気がします。
2016/11/20(日) 18:38 | URL | 智太郎 #Cv7CRq2s[ 編集]
プロレスLOVEさん
ふっふふ、私もそう思いますね
後悔あとにたたず、
でも、私は40代になってからですから、学生時代は大衆演劇にハマるなぞ、想像すらできませんでしたね

宇都宮人さん
確かに、今年話題になったカープグッズまで手にかけてるとは、驚きでした
というか、刑務所で作ったものが、一般の店で刑務所の商品が普通に売ってるというのも驚きでした
刑務所製品は、ときどきあると刑務所のイベントで売られてるものだと勘違いしてました

智太郎さん
貴重な体験談ありがとうございます
うーむ、世の中おかしいですよね
正直者が損をする、そんな世の中は変わってほしい
2016/12/07(水) 06:00 | URL | 山口ジジイ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yamagutijiji.blog39.fc2.com/tb.php/2710-181e4470
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック