元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です

2017/07123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/09

CIMG4240 - コピー

先日、大相撲の振分親方がエミフルマサキにやってきた
振分親方の現役時代のしこ名は、高見盛
高見山の弟子で、土俵上での所作が実に個性的で人気があった力士
勝負に勝った時は胸を張り、負けた時はうつむき花道を去る、そこに目をつけた永谷園のCMは印象的
この日は、振分親方のトークが聞けた
司会で聞き手は、地元のローカルタレント、井坂彰

振分親方は、小学生のころから体が大きかったが、それに目をつけた先生、
相撲を取らないか、そうすれば給食をおかわり自由にしてやるぞ、ということで誘われ、おかわり自由に目がくらんだのが相撲を始めたきっかけだそうだ
永谷園のCMに出ていた関係で、懸賞金を多く出してくれて感謝するが、対戦力士が懸賞金目当てに必死に勝ちに来て苦労したそうだ
懸賞金は、一本6万円のうち手取りが3万円、残りのうち2万5千円は退職時にもらえる、5千円は協会が経費でとる
それら懸賞金を含めて、白凰が引退するときは数億円の退職金となるらしい
一番の思い出は、朝青龍に勝った一番、皆から称えられたが、相撲の取り組みは良く覚えていないそうだ
時には上の立場として、下の者に奢ることもあったそうで、たっぷり懸賞金を手にした時に、焼き肉に連れて行った時は、1日で30万円を支払ったこともあるそうだ

私は、高見盛が朝青龍を破った一番を覚えている
ものすごい座布団の数が国技館を舞った
同じ高砂一門、その後の出げいこで朝青龍が高見盛を虐めるのを見て、体が壊れるから可愛がりをやめてくれ、と高見山親方からクレームが出た

今回は永谷園プレゼンツのトークショウということで、永谷園のお茶漬けやふりかけの宣伝も兼ねたものだった
振分親方は、ふりかけ親方というダジャレのCMにも出ている

CIMG4237 - コピー
スーパーフジで永谷園の商品を購入すると、プレゼントをいただける
味噌とニンニクと醤油だったかな、各部屋に力士味噌という伝統の味があるそうで、それをふりかけにしたのが今回の力士味噌味のふりかけだそうだ
喰らってみたところ、かなり味が濃くて、なかなかうまかった

大相撲の九州場所のあと、野村町の乙亥大相撲に2~3人の力士がゲスト出演するのが恒例行事となっている
私も10年くらい前に、一度だけ拝見したことがある
基本、地元のアマチュア力士の対戦だが、幕下力士とアマチュアの対戦も観れる
プロ対アマチュアの相撲が観れるのは、乙亥大相撲だけだそうだ
奇しくも私が拝見した時の特別ゲストが、高見盛だった

今回のエミフルマサキでのトークショウのあと、振分親方は野村町に移動し、乙亥大相撲に出演するとのことだった
今後部屋付き親方として、日本人の立派なお弟子さんを育てていただきたいものだ

CIMG4241 - コピー

CIMG4236 - コピー

このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
関連記事
コメント
この記事へのコメント
可愛らしいキャラクター!

振分親方が愛媛にいらしてたのですね。

皆様もよくご存知の様に、現役時代は高見盛関として、とてもインパクトのあるキャラクターでご活躍なさった力士さんですよね。
山口様が書いておられた様に、土俵の上での所作が個性的で、何と申しましょうか…、可愛らしく憎めない力士さんでした。
親方になられてからのご活躍はテレビCMやバラエティー番組のご出演で時々拝見していますが、私は「お相撲さん」を実際に拝見したことがありませんので、振分親方ならぜひ間近で拝見したかったです。
愚問でしょうが、やはり大きくて立派なお身体をなさっているんでしょうね。

ところで……。
愛媛にもサッカーのJリーグがありますが、山口様のブログには観戦なさったという記載を拝見した記憶が無いのですが、山口様はサッカーはあまりご覧にならないのでしょうか?
私はそんなに好きではありませんが、数年前に徳島ヴォルティスがJ1昇格を決めた時はとても嬉しかったですし(でも昇格後、全く結果が出せなかったのはとても残念ですが)
今期は岡山ファジアーノがPOに持ち込み、昇格をかけたセレッソ大阪との試合ではテレビにかじりついて観ていました。

山口様はスポーツ観戦にはあまりお出掛けにならないですか?
2016/12/12(月) 18:15 | URL | コスモス #-[ 編集]
コスモスさん
うーむ、博学です、コスモスさんは本当になんでも詳しいですねえ
高見盛関は、決して大関を狙えるような力士ではなかったですが、人気がありましたねえ
ロボコップと師匠からあだ名されたあの所作は笑えるんですが、決して受け狙いでなく本人が一生懸命なのが好感持てましたね
翌日の対戦相手を知ると緊張してしまうからと、見ないようにしてたそうです
そこも個性的ですが、本人にとってはベターな選択だったのでしょうね

観戦についてですが、一度だけ愛媛FCの試合を観戦したことがあります
私は何でも一度くらいは経験しといたほうが良い、と思っててその一環でしたが、そんなに面白く観れなかったのでその後は観に行ってません
10年くらい前だったかな、セレッソ大阪相手に土壇場で追いついた1対1の試合でした
徳島の躍進は、凄かったですね、覚えてます
同じ四国のチームなのにと、羨望しましたよ
それと、独立リーグのマンダリンパイレーツも一度だけ観ただけですね
スポーツ観戦より、娯楽文化の方が性に合ってるのだと思います
2016/12/20(火) 04:18 | URL | 山口ジジイ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yamagutijiji.blog39.fc2.com/tb.php/2734-73474dd0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック