元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

CIMG4621 - コピー
お、前回なかったのぼりが立っていた
やっぱあったほうが、雰囲気が出ていいですなあ
それに、看板の機能があって宣伝にもなるしね
長谷川武弥劇団、わっしにとって二回目の観劇となる

第一部 芝居 おけさ兄弟

<あらすじ>
三五郎(武弥座長)は、かつてやくざだったが今は足を洗い女房おしん(舞)と堅気の仕事をして暮らしている
三五郎には、三次という弟がいるが、いまだやくざをやっていた
ある日、三次の娘おくに(京未来)が訪ねてくる
「良く訪ねてきたなあおくに、三次はどうした」と尋ねると、おくにはおとっつぁんは死んだと告げる
詳しく聞くと、三次は喧嘩の助っ人に出かけ、敵の助っ人に斬られ死んだという
弟の死を嘆く三五郎だがおくにに、これからはこの家で暮らせばいい、と言い抱きしめた
女房のおしんも、おくにちゃんはこれから私ら夫婦の子として育てましょう、と賛同してくれた
おくにを家の中に入れ休ませていると、足を怪我した一羽の旅鴉が一杯水をくれませんか、と訪れた
女房のおしんが水をやると、実の兄の時雨の時蔵(愛京花総座長)だった
久しぶりの再会だったが、時蔵は逃げ出そうとする
時蔵は昔、村人から集めたたのもしの金を持ち逃げしたまま出奔し、残された父母と妹のおしんは不幸に陥っていたからだ
おしんは恨みごとを言うが、話すうち時蔵には時蔵の事情があったことを知り、時蔵を許す
時蔵は現在追われの身で、しかも腹を空かせた女房子供がいると言う
おしんは食糧を渡そうとするが、時蔵が三次を殺した渡世人だということが分かり、今すぐ出て行くようにと泣き叫ぶ
影で聞いてた三五郎は、弟の仇の時蔵を討とうとするが、おしんがすがりつく・・・

時蔵の追手(乱之助副座長)
時蔵の追手(一馬)
赤鼻の目明し赤羽の親分(礼音)

<感想>
一幕二景、約1時間10分の芝居
これは、他劇団では故郷の兄や故郷の兄弟の外題で演じられる芝居ですな
多くの劇団が演じる大衆演劇定番の芝居で、渡世人の儚さと家族の情を描いた小作品である
見比べることができるので、劇団の芝居の実力がはかりやすい
結論から言えば、長谷川武弥劇団は芝居がやはり良い
三五郎の弟の仇の時蔵に重きを置きたっぷりと時間をかけて人情芝居にしているところに特徴があるが、
愛京花総座長は、かなり芝居がうまいぞ
わっしは長谷川劇団を初見だったが、以前先輩観劇者が、愛京花さんは芝居がええよう、といってったのは間違いなかった
人の口に戸はたてられぬ、というがまさしくその通り
長谷川版の特徴としては、弟の女房が赤子を抱えて訪ねてくるのではなく、大きく成長した弟の娘が訪ねてきたところ
まあ、これは劇団の座員構成によるものかもしれない
外題のおけさ兄弟は、兄の家の設定が佐渡島になってたからだと思われる
他劇団では、家に思い出の柿木があるから、柿の木坂の家、の外題で演じてたこともあった
あと強いて言えばなのだが、弟と時蔵の斬り合いの場面が割愛されてたのは、わっし的に残念
セリフでの説明は勿論あったが、見せてもらった方がやっぱ分かりやすいからねえ
時系列に従って、冒頭に斬り合いから始める劇団もあるが、弟の女房が兄を訪ねてきて弟の死を説明する場面で再現フィルムのように演じる劇団もあった
あれはうまい演出だったな
とはいえ、弟と時蔵の斬り合いの場面を入れるとなると、一時間の芝居の中である程度時間を割かねばならない
今回の長谷川版の場合、愛京花総座長演じる時蔵がたっぷりと時間をかけて語るので、あの人情芝居になるわけだから、劇団がどこに重きを置くかによるし、観客もそれぞれ好みがあるので、どちらが良いとは言えないだろう
どちらが良いかは相対的なものですわな
あと今回気付いたことは、長谷川舞さんはかなり芝居が上手だということ
長谷川礼音は若くてキャリアも短そうだが、武弥座長のいじりに対し黙り込むことなく健闘してた
けっこう笑えたし、芝居の緊張の緩和に十分なっていた
劇団に一人くらいは、座長にいじられる笑いを担う役者さんがいるが、長谷川礼音が笑いを担っているようだ
なかなか良い芝居だった S級Ⅲ

CIMG4623 - コピー
口上挨拶 武弥座長
今後の芝居、前売り券販売、座員紹介、哀川昇情報など

CIMG4625 - コピー
お、各劇団の年賀状が展示されていた
オクゲキさん、いい試みですなあ

CIMG4624 - コピー



このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
関連記事
コメント
この記事へのコメント
脳の健康情報
応援だけで失礼します。
2017/01/13(金) 22:16 | URL | 智太郎 #-[ 編集]
智太郎さん
はい、ありがとうございます
2017/01/17(火) 16:03 | URL | 山口ジジイ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yamagutijiji.blog39.fc2.com/tb.php/2769-d5369d40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック