元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です
CIMG5188 - コピー
2日にはなかった幟が立ってた

この日は特別狂言と謳った 恋の花かんざし
はたして、劇団正道の花かんざしはどうだったのか

第一部 特別狂言 恋の花かんざし

<あらすじ>
盲の妹(司正樹子役)の手を引く姉(舞こゆき)は、妹の目を直すため田舎から江戸に出てきて峠に差し掛かる
ところが悪い浪人(司伸次郎総帥)に姉が斬り殺され全財産を盗られてしまい、盲の妹は一人残されてしまう
その場に通りかかった源(司大樹座長)は、盲の妹を一人暮らしの侘び住まいに連れて帰り世話をしてやる
盲の妹は名を八重というが、優しく世話をしてくれる源を好きになる
源も、きれいな心を持ったお八重を好きになったが、源の顔には人間三分に化けもの七分と呼ばれる醜い火傷の跡があった
お八重に顔を触らせてくれとせがまれた源は、醜いあざを知られたくないので断った
すると、源の弟分の新吉(司春香副座長)が、川向う一家に追われ家にやってくる
源は賭場荒らしをした新吉をしかるが、ふと思いついて、新吉をオシのおじさんということにし、新吉の顔を自分の顔だと偽り、お八重に触らせた
お八重は、きれいな顔だと安心し喜んだ
ところで、源はお八重の眼を直してやろうと、眼医者を頼んでいた
眼医者(美理剣ゲスト)が言うには、お八重の眼は手術をすれば治るが大金がかかるという
源はなんとか治してやりたいと思い、眼医者にかけあうと、手術費を5両に大幅値引きしてくれ、手術の段取りが整った
そんなある日、新吉がお八重のために花かんざしを買ってきて、プレゼントする
新吉も、お八重を好きになっていたのだ・・・

<感想>
一幕三景、約1時間の芝居
大衆演劇では定番の芝居ですな
新吉を演じた司春香副座長が芸達者振りを見せ、笑いを作っていた
笑いの比重が大きかったので、最期の八重の眼が開いたあとの源の見せ場はなかなか良かったものの、とってつけたような感じになった面はあると思う
まあ、これはあとの口上で、司春香副座長が各劇団により演出や結末が異なるとおっしゃったように、
劇団がどこに比重を置くのか、どれが正しいということはないだろうし、観客それぞれの好みも異なる
ただ、劇団によっては泣ける芝居に演出するが、わっしはそっちの方が好みではある
この日は、司伸次郎総帥が芝居に登場
悪役を演じたが、芝居が締まって良かった
なかなかの芝居だった A級Ⅰ 平幕

CIMG5191 - コピー
口上挨拶 主に司大樹座長と司春香副座長
前売り券販売、座員紹介など
司大樹座長は10年ほど前から座長を張っているが、芝居にはあまり出てなかったそうだ

CIMG5189 - コピー
CIMG5192 - コピー

このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yamagutijiji.blog39.fc2.com/tb.php/2812-a6723a41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック