元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です
劇団美川は3回目の観劇
わっしのようなおっさん客にとって、渡世人の悲劇まして大ネタの石松の最期は、はずせない芝居
以前の口上で、清水次郎長外伝森の石松の最期、と言ってたので、二代広澤虎造の浪曲を元にしてるのは間違いないだろうと思った
劇団美川の 石松の最期はどうだったのか

第一部 通し狂言 石松の最期

<あらすじ>
清水次郎長親分の代参で、こんぴら様に刀と奉納金を無事に納めた遠州森の石松
清水港へのけえり道、見受山鎌太郎一家に草鞋を脱ぐと、鎌太郎親分からお蝶の姐さんへの香典だ、と百両を預かる
うーむ、年は若いがなんと立派な貸元だろうと鎌太郎に感心した石松は、見受山をあとにし浜松に通りかかる
~芝居はここから~
浜松の峠でごろり横になり、訪ねるべきかこのまま清水にけえるべきか、はてどうしようと思案六法の森の石松(美川慶二座長)
えーいままよ、とサイコロ振ると、目が出て踏ん切りが付き、石松は幼馴染で兄弟分の都鳥常吉を訪ねることにした
ここは都田村、一家をはる都鳥吉兵衛(歌留多)は、黒龍屋の花会があり百五十両ないと男になれない、五十両はなんとかなったが、あとの百両がどうにもならない、と末弟の梅吉(美川麗)と話をしていた
評判が悪いから誰も貸してくれない
ちょうどそこへ訪ねていった森の石松、兄弟分の都鳥常吉(吹雪舞)と再会し互いに喜び合った
都鳥三兄弟は歓待してくれ、次郎長親分から禁じられてた酒をついつい飲んでしまう石松
石松が見受山鎌太郎から百両の香典を預かってることをぺろっと喋ってしまい、都鳥吉兵衛と梅吉は、この金に目を付け口先で上手いこと言い、必ず返すから金を貸してくれ頼む石さん、おい常吉おめえも頭を下げろ
当初は絶対に駄目だと断ってた石松だが、兄弟分が頭を下げるのを観て、とうとう百両を借してしまう
花会で目が出ず、石松から借りた百両を返すあての無い都鳥三兄弟
さてどうしよう、と相談していると、1人の旅人が一家を訪れる
元は保下田久六の子分の布橋亀吉(美川宇宙)で、親分の仇の森の石松を殺りたいので力を貸して欲しいと都鳥三兄弟に申し出る
都鳥吉兵衛と梅吉は、そうだこいつと石松を戦わせ、石松を後ろから騙し討ちしよう、と悪だくみ
常吉は石さんを斬るのはやめてくれ、と反対するが、吉兵衛から、
やい常、義理の兄弟と本当の兄弟とどっちが大事なんだ、と怒られ同意した
翌日都鳥は石松に、石さん金を返すからと連れだし暗闇に誘い出した・・・

小松村七五郎(美川麗士総大将レジェンド)
お民(美川竜)

<感想>
一幕五場だったと思う、約1時間20分の通し狂言
松山劇場では定番の本笹使用の舞台装置ではなかったが、かなり良い芝居だった
石松を演じた美川慶二座長大熱演で、馬鹿の役作り、ところどころどもるセリフ回しが良かったですな
歌留多の悪役振りも良かったし、美川麗士総大将レジェンド演ずる七五郎の石松を思う演技も良かった
殊に、お民を演じた美川竜は、二代広澤虎造の♪大年増お民の度胸の浪曲から抜け出た如き風情で、はまり役だった
三十石船の場がなかったのは残念、やっぱ旅の雰囲気が出るからね
浪曲との決定的違いは、石松が都鳥常吉と兄弟分という点なのだが、この設定により愁嘆場の立ち回りで大衆演劇らしい演出が施されていた
かなり良い芝居 S級Ⅱ 関脇


CIMG5212 - コピー
CIMG5213 - コピー
芝居終演後の口上挨拶 美川慶二座長 後半は歌留多
前売り券販売、今後の芝居など

CIMG5209 - コピー
CIMG5210 - コピー
CIMG5211 - コピー

このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yamagutijiji.blog39.fc2.com/tb.php/2814-26697df6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック