元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です
CIMG5347 - コピー

鹿島順一劇団を拝見したのは、今から約3年前、2014年5月だった
私は大衆演劇の観劇歴が浅く、2014年3月の劇団昴星、4月の新生真芸座に続く3劇団目だった
大衆演劇の見方も良く分からず、1カ月公演の内一劇団一観劇でいいんだろうと思っていた、それは半年ほど続いた
ところが、鹿島順一劇団だけはどうしても観たくなり、4観劇した
一番最初に拝見した、芝居無宿人御子神の丈吉、特に三代目鹿島順一が演じた主役丈吉の死に様が心に残りそれはずーっと消えなかった
あれから約3年、熱心に大衆演劇を観劇するようになったのは、鹿島劇団のおかげと言って良い
さて、その鹿島劇団、初見の5月あとの翌月の仏生山劇場の公演をもって休団となった
昨年9月、約2年4カ月の休団を経て、鹿島劇団は再始動
今回のきつき衆楽観での公演は、わっしにとって満を持した、待ちに待った観劇となったのである

第一部 芸題 赤垣源蔵

<あらすじ>
赤垣源蔵(鹿島順一座長)は、元は播州赤穂浅野家家臣であったが、お家取り潰しにより今は浪人となっている
酒におぼれ、金がなくなれば兄塩山の家に行き、賭け碁をする
弟を思い、塩山伊左衛門(甲斐文太太夫元)はわざと碁に負け、金を渡していた
~芝居はここから~
冬の12月14日、塩山は急な呼び出しで、城に勤めに行った
入れ替わるように、源蔵(鹿島順一座長)が兄塩山の屋敷を訪れる
女中杉(春日舞子)に、兄上はいるか、うーむ不在ならばしかたがない、兄上の羽織を持ってまいれ
源蔵は、兄の羽織を前にして己が持参した1升徳利を飲み分け、今生の別れをする
杉を呼び、仕官先が決まったので西に行く、次に訪れるのは初盆のころ、と兄上に伝えてくれ
そういって、兄の屋敷を去った
兄の塩山伊左衛門(甲斐文太太夫元)が帰宅した
杉から、弟源蔵の様子を聞いたが、なにやら普段の源蔵と異なっており違和感を覚えたものの、そのまま床についた
深夜、遠くから太鼓の音が聞こえてくる
杉や下郎(市川雀之助)が、火事だ火事だと騒いでいたが、塩山は火事ではないと2人を制す
一打ち二打ち三流れ、これは山鹿流の陣太鼓、山鹿流の使い手といえば元は播州赤穂浅野家城代家老大石内蔵助殿
12月14日は浅野公の月命日、もしや源蔵は・・・・

<感想>
一幕二場
約1時間10分くらいだったのではないだろうか、あさぎ幕をしめなかったので一幕二場にしたが、実質は4場
重たい芝居で、鹿島らしさが出てて良かった
どちらかというと、塩山の方にも見せ場の多い芝居だった
三代目鹿島順一の、役に入り込む演技と、春日舞子のおどけた芝居、甲斐文太の重たい演技が良かった
かなり良い芝居 S級Ⅱ 関脇

CIMG5356 - コピー
口上挨拶 三代目鹿島順一座長
前売り券販売、座員紹介、今後の芝居など


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
関連記事
コメント
この記事へのコメント
鹿島順一劇団
遠征報告、待っていました。再始動、私も嬉しいです。10月に観劇しました。初めて観た時は、座長の口上時のウンチクも楽しみの一つでした。もう、語らないのかな?文次の祥月命日というオリジナル芝居、観たかったな。
2017/02/16(木) 19:30 | URL | プロレスLOVE #-[ 編集]
初見の劇団さんは……╰(*´︶`*)╯

山口様は、こちらの劇団さんが大衆演劇初見の劇団さんでいらっしゃるのでやはり思い入れが強くてらっしゃるのですね。
まだずいぶんお若い座長さんの様にお見受けしますが、この座長さんのお芝居の中の死に様の演技に心惹かれるものがお有りだったという事ですから、実力派の役者さんなんでしょうね。

初見の劇団さんは、やっぱり心に深く残りますよね。
私は未だに、立ち役で鳳凰座・中野座長以上にときめく役者さんには出会えていません。
2017/02/16(木) 22:24 | URL | コスモス #-[ 編集]
プロレスLOVE さん
その後の記事でも書いた通り、私も座長のうんちく好きです
芝居が好きで好きでたまらない、といった感じで好感がもてます
オリジナルの芝居も作ってるようなので、私も見てみたいです
乗るとしたら奥道後劇場のようなので、じっくりと拝見したいです

コスモスさん
鹿島劇団は、私にとって3劇団目になります
芝居がいいんですよね
まあ好みにもよるんだけど、是非一度機会があったら見て頂きたい劇団です
2017/02/24(金) 04:02 | URL | 山口ジジイ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yamagutijiji.blog39.fc2.com/tb.php/2826-5c4da649
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック