元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

第二部 夢芝居 芸題 喧嘩屋五郎兵衛は男の涙

<あらすじ>
一代で街一番の一家を築き上げた喧嘩屋五郎兵衛(美川慶二座長)は、大立者なれど顔に醜い火傷の痕があり、女とは縁が無かった
ある日、魚屋(さくら家?)の文吉(美川竜男形)が一家を訪れ、
伊勢屋のお嬢さん(美川麗)が五郎兵衛親分に惚れて嫁になりたいと言うてます、と言う
最初、相手にしなかった五郎兵衛だが、文吉が、
お嬢さんは親分の顔でなく心に惚れました、と言うてましたでと言うので大いに喜び
文吉、この話を勧めてくれい、すぐに結納金を届け近々祝言を行おう
と言い、もし人違いでこの縁談が破談になったら、どうするのか、と問うた
はっはは、もし人間違いならば自分のこの首を差しあげましょう、と文吉は言い帰っていった
さて、五郎兵衛は子分の伊之助(吹雪舞)を呼び、
結納金を持って先方に届けてきてくれい、と命ずる
親分の意を受けた伊之助が伊勢屋に行くと、なんと伊勢屋のお嬢さんは、五郎兵衛でなく伊之助に惚れたのだ、と言う
お嬢さんのこの勘違いが、のちに大いなる悲劇をもたらす・・・

朝比奈(美川麗士総大将レジェンド)

<感想>
一幕二場、約1時間10分の芝居だった
喧嘩屋五郎兵衛は大衆演劇定番の大ネタだが、劇団美川の本作は、演出も結末もかなりアレンジされている
それゆえ、外題が「男の涙」とされているのかもしれない
澤村慎太郎劇団でも、朝比奈が出る芝居は喧嘩屋五郎兵衛、朝比奈が出ない方は喧嘩屋と外題を調正している
一般的には、文吉宅の場で笑いを起こして、そのあと超悲劇に突き進むのだが、
劇団美川版では、仲人である魚屋の文吉の家の場面が省略されており、お嬢さんが伊之助が好きである点や五郎兵衛との縁談を断ってきてくれという要望が、祝言の場の心の声という形で演出されていた
また五郎兵衛と伊之助の立ち回りはなく、五郎兵衛が大きな度量をみせる結末となっている
ゆえに、通常一幕四~五場、の芝居が、美川版では一幕二場で収まるのである
その省略された分、五郎兵衛の実兄の朝比奈藤兵衛の独り語りにたっぷり時間を使っている
朝比奈を演じた、美川麗士総大将レジェンドは、五郎兵衛の幼少期から顔を火傷したくだりだけでなく、男の人生訓を大いに語りこの芝居の見せ場となっている
芝居の中で独り語りを見せ場にするには、役者の実力が必要でリスクのともなうものだが、美川麗士総大将レジェンドのそれはかなり見ごたえがあった
男の度量を見せる五郎兵衛役を演じた美川慶二座長も、心の揺れをなかなか見事に演じきれていたと思う
なかなか良い芝居 S級Ⅲ 小結

CIMG5786 - コピー
芝居終演後の口上挨拶 美川慶二座長
前売り券販売、劇団グッズ紹介、今後の芝居など

CIMG5776 - コピー

このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yamagutijiji.blog39.fc2.com/tb.php/2835-9b1ef555
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック