元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

CIMG9545 - コピー

3月、大入り86枚をたたきだした劇団天華は九州に去り、4月は市川ひと丸劇団がやってきた
初乗りだそうで、わっしも初見の劇団
ひと丸劇団は、一度拝見したい劇団の一つだった

第一部 外題 夢助千両土産

※個人の感想です、ネタバレがあります
<あらすじ>
一天地六の賽の目で、お夢(愛川ゆい)は塩釜丹治(市川ひと丸座長)に博打で大勝ちする
ところが、金が惜しくなった塩釜丹治は子分とともにお夢を斬り金を取り上げる
そして、長脇差の柄で、赤子の夢助の額を割った
そこへ結城一家のおなみ(愛川さくら)が通りかかり、今際の際のお夢から赤子の夢助を託される
おなみが、立派に育てるよと約束すると、お夢は息を引き取った
それから数年、夢助(水城たかし)はすくすくと育っていたが、額を割られた影響か馬鹿な若者になっていた
ある日、塩釜一家の客分(市川斗輝)が結城一家nにやってきて、夢助と諍いを起こす
夢助がうまく追い払うと、覚えてやがれ、と客分は帰って行った
ところがその後、塩釜一家の塩釜丹治親分が、子分を引き連れて結城一家に乗り込んでくる
やい結城の、うちの客分が夢助に殴られ殺されちまった、どう落とし前をつけるんでい
結城のおなみと夢助は、塩釜丹治と対峙するのだが・・・

<感想>
一幕三景、約1時間10分の芝居
主人公の夢助に水城たかし、敵役に市川ひと丸座長
この芝居の見せ場は、夢助が実は馬鹿な振りした利口者だったというところだろう
その瞬間の豹変ぶりにカタルシスがありますなあ
水城たかしは、その豹変振りをうまく表現していたと思う
若干15歳だそうだが、いかにも役者らしい口跡がいいですな
なかなかの芝居だった A級Ⅰ 前頭

CIMG9552 - コピー
口上挨拶 市川ひと丸座長
今後の芝居の紹介、前売り券販売、劇団グッズ紹介など
ひと丸座長の口上は、おもろいですなあ

CIMG9548 - コピー
CIMG9546 - コピー CIMG9547 - コピー

CIMG9549 - コピー
CIMG9550 - コピー

このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yamagutijiji.blog39.fc2.com/tb.php/2892-a5779c33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック