元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です
一度、能狂言の生の舞台を観ておきたいと思っていた
ま、古典芸能中の古典芸能で難しくって分からないだろうとは思ってた
能は日本舞踊や歌舞伎にも影響を与えてるそうだ
ということは、両芸能に大きく影響を受けてる大衆演劇も、能に影響を受けているといえよう
たとえば、歩き方
能は中腰とでもいうか、足をまっすぐ伸ばさずに歩くので、肩を上下動させずに移動するというのが基本だという
人間工学的には、普通に歩くと肩が上下するが、能では一定の高さで移動するのが美しいということなのだろう
日本舞踊で腰を落としたり、芸者さんのくの字に曲げた足も、能の影響なのだろう
さいとうたかをの漫画「影狩り」では、足の運びが忍者に似ていると、能役者が間違えて殺される回があるが、能は忍術にも影響を与えているのかもしれない

さて、薪能は全国的に行われているらしく、神社とかでかがり火を焚いて能を奉納する慣習があるみたい
松山の二之丸薪能は26回目ということなので、歴史としてはかなり新しいものだろう
平成に入ってから始まったのでは
二之丸薪能の公演の名前は毎年みてたので、興味があり今回行ってみた
演目は5つ、約3時間の公演で、観客は300人くらいだったのでは

胡蝶 舞囃子(観世流)
DSC00145 - コピー - コピー


井筒 舞囃子(喜多流)
DSC00146 - コピー - コピー


惣八 狂言(大蔵流)
DSC00147 - コピー - コピー
<あらすじ>
元は坊主だった新米の料理人と、元は料理人だった新米の坊主が、新規に召し抱えられる
主人にそれぞれ料理作りとお経を唱えるよう言いつけられるが、新米なのでうまくできない
そこで、互いの仕事を交換して、料理を作りとお経を唱えるのだが・・・

火入れ式(中入り)

半蔀 舞囃子(宝生流)DSC00151 - コピー - コピー


子規 能(金剛流)

DSC00154 - コピー - コピー
DSC00156 - コピー - コピー
DSC00158 - コピー - コピー

<概略>
正岡子規の半生を表現した能

<感想>
初めて拝見した能狂言
言葉が難しくて、良く分からない
特に地謡の部分が何を言ってるのかさっぱりだ
そんな中、比較的分かりやすかったのが、狂言の惣八
多分狂言は、日本における芝居の元祖みたいなものなんじゃないかなあ
台詞が多く、その台詞も聞きとりやすい言葉だった

この日のメインは、能の子規
新作だそうだ
まあ、落語でも歌舞伎でも新作は作られてるから、能にも新作があるんだなあ
難しかったが、正岡子規は地元の偉人なので、ストーリーは頭に入ってる
ゆえに、正岡子規と夏目漱石のエピソードなのは分かった
台本が小冊子として配られてたから、文字で追うこともできた
1時間を超える作品

舞囃子は仮面をつけない舞踊、能は仮面をつけた舞踊
狂言は滑稽な芝居
芝居の舞台は横に長いが、能狂言の舞台は正方形に近く、私は今回舞台下手で拝見したが、大下手にも見えを切る
二~三方からみれるようになっているのなら、元々は大道芸のように広場のようなところで演じていたのかもしれない
まあ無学の男が勝手に想像して言ってるだけなので、間違いかもしれないが
いろいろ勉強になったし、刺激も受けたので、行ったかいはあったな

DSC00164 - コピー - コピー
DSC00163 - コピー - コピー
DSC00165 - コピー - コピー

DSC00168 - コピー - コピー
これが、新作能 子規ほととぎす の台本の最初のページ

DSC00153 - コピー - コピー

このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
関連記事
コメント
この記事へのコメント
 能は、正直わからないし、退屈です。
お城の薪能は、雰囲気は良いですね。
 そんな感性の私でも、素晴らしいと思える舞台がありました。
紅葉シーズンの久保田一竹美術館で、能を開催する事があります。
美術館敷地内の紅葉と辻が花染めの着物を舞台に舞われる能は、絵面からして素晴らしいものでした。また、観たいな。でも行けば、シーズン中の河口湖の凄い渋滞は避けられない。(ーдー)
2017/05/21(日) 15:19 | URL | プロレスLOVE #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yamagutijiji.blog39.fc2.com/tb.php/2937-7e9fbea2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック