元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です

2017/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312017/11

この日の客席は、ざっと見60人くらいやったか、大入りが出た
6月13日までで40枚出ていたので、月末予測は90枚やな
今回の岬一家のメンバーは、松山では馴染みの役者さんばかりだが、下町かぶき組のHPによると、かぶき組の役者陣のボリュームは減った印象だ

久々に岬寛太座長の舞踊を拝見したが、やはりうまい、一味違う
それもそのはず、寛太座長は日本舞踊の家元の息子で、家は兄が継ぎ、寛太座長は芝居の世界に飛び込んだと何かで読んだことがある
飛雄馬花形の男伊達も健在であった
下町かぶき組の花形は、狭き門でござんす

第二部 舞踊ショウ
(舞踊メモ 舞踊順)
DSC00676 - コピー
花のトップステージは、群舞踊
曲は春夏秋冬屋形船

DSC00678 - コピー
DSC00680 - コピー

DSC00681 - コピー
岬寛太座長歌謡ショウ 北国の春

DSC00682 - コピー

DSC00684 - コピー
お里沢市 壺坂情話 
座長涙を流しての熱演

DSC00687 - コピー
DSC00688 - コピー
DSC00689 - コピー
DSC00691 - コピー
DSC00693 - コピー
DSC00695 - コピー

ラストショウ 湯の花 KOUTA
DSC00698 - コピー
DSC00702 - コピー
DSC00703 - コピー
どこからがラストショウだったのか、分からなかったが、おそらく寛太座長の個人舞踊からだと思われる
とすれば二曲に渡るラストショウ
2曲目は、鶴さん亀さんというやつやね
なかなか良いラストショウやったな


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yamagutijiji.blog39.fc2.com/tb.php/2971-a934f79e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック