元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です
6月の下町かぶき組岬一家は、2回目の観劇である
この日は日曜日、実を言うと松劇昼一ロング公演の紅劇団とどちらを観に行くべきか、悩んだ
紅は、Actorという新作狂言、こちらも魅力があった、実名の役で出演するという
前日の夜の部、紅を観劇したわっしは、火曜サスペンス劇場のような芝居です、という口上を聴き、岬一家とした
6月の残りの日数を考えると、もう少し岬一家を観ておきたいという思いがあったし、岬一家も日曜日に特選狂言をぶつけていたのでね
結論から言えば、満足いく公演であった

第一部 特選狂言 酔いざめ勘太

※個人の感想です、ネタバレがあります
<あらすじ>
飾り職人の勘太(岬寛太座長)は、この世の中で酒が一番好きで、働きもせず借金までして酒を飲む毎日
この日も居酒屋で飲んだくれて周りに迷惑をかけたが、店を出ると盲目の美しい女おつゆ(松井悠座長)が倒れているのを見つける
話をすると、家が貧乏で花売りを始めたが、縄張りを荒らされたと別の花売り(駿河染次郎、山脇広大)が怒って、酷い目に合わされたという
おつゆにひと目惚れした勘太は、地面にばら撒かれた花を全部買ってやり、明日も買ってやると約束する
御大尽と偽りおつゆの花を毎日買う勘太の長屋は花で一杯になるが、勘太は一向に働こうとしない
おつゆは目を治すために30両という大金が必要、ということが分かり、勘太は途方に暮れる
みかねた勘太の子の捨吉(松木美和)が見世物小屋で働くことを決意し、親方(竹内春樹)から身請け代の30両を勘太に渡した
捨吉の優しい心に触れた勘太は、酒をやめ自分も江戸に行き飾り職人の修行をしなおすぞ、と宣言
あれから3年、腕のいい職人となった勘太と捨吉が町に帰ってきた
勘太はおつゆちゃんにプロポーズするんだと、精魂込めて作った美しいかんざしを手にしていた・・・

<感想>
一幕四景、約一時間の特選狂言
笑いあり涙ありの人情喜劇ですな
最期の場面で、顔で笑って心で泣いた主役の勘太に、ほろりとさせられた
こういうおっちょこちょいが改心する役は、寛太座長のはまり役かもしれない
そして、かなり練られた演出だった
例えば、場面転換で定式幕を引くが、幕の前で演技が続けられた
わっしは数回、宝塚歌劇を観たが、幕を引いたあと舞台前面にある花道で延々演技が続けられる
これは、観客を飽きさせない工夫である
大衆演劇でも、時々みかけることではあるが、今回の岬一家の芝居は徹底されていたな
子役を演じた松木美和も健闘していたと思った
多分、10才くらいの設定ではなかろうかと想像するが、成人女性が演じるのでもちろん違和感はあるのだが、けっこう健闘してたのでは
劇中酔いざめ踊りなるものが2回踊られるのだが、これは松木美和さん、さすがに寛太座長にはかなわない
なんというかなあ、へらへら踊るのだが、やっぱ寛太座長の手足の動きは面白い
この日のラストショウが安宅の松風だったので、黒澤明監督作の勧進帳を題材にした、虎の尾を踏む男たちという作品をなんとなく思い出したのだが、
あの作品の中に出てくる、エノケンのユーモラスな動きになんとなく似ている
映画でも芝居でも、泣かせるより笑わせる方が難しいなぞと言うが、踊りもピシャッと魅せるよりユーモラスに踊る方が難しいのかもしれない
なかなか良い芝居だったなあ S級Ⅲ 小結


DSC00750 - コピー
口上挨拶 岬寛太座長
前売り券販売、劇団グッズ紹介など
寛太座長の舞踊集のDVDが1本千円で売られていた
舞踊好きな人は、お得な値段で買いですな

DSC00752 - コピー
岬一家では、コサージュが千円、三千円、五千円で売られている、モデルは飛雄馬花形
最近、各劇団レイの販売が一般的になってきた
松山でわっしが最初に見たのは、2年ほど前の劇団双六あたりだが、いつのころからかどの劇団もやるようになりましたな
お花は一万円以上というのが不文律で、それ以下は封筒に入れてというのがマナーになっている
まあ、子役を別にして年に一回くらいは千円のお花をつける人を見かけることもあるけれど
手軽な値段を贔屓の役者さんにつけたいのにレイが活躍している
舞踊によってはレイが邪魔になりかねないが、コサージュだとスマートに見え邪魔しない
そういった下町かぶき組の考えなのじゃないかと思われる

DSC00660 - コピー

このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yamagutijiji.blog39.fc2.com/tb.php/2976-d8696f9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック