元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

第二部 芸題 森の石松の最期

※個人の感想です、ネタバレがあります
<あらすじ>
清水一家では、森の石松の葬儀が行われていた
参列した名だたる親分衆が帰ったあと、清水次郎長(紅あきら総会長)は可愛い子分の石松の位牌を抱き
おめえの仇は必ず討つぞ、と都鳥を討つ決意をする
~時は遡る~
清水次郎長親分の代参で、こんぴら様に刀と奉納金を無事に納めた遠州森の石松(紅大介総座長)
清水港へのけえり道、草鞋を脱いだ見受山鎌太郎親分から、お蝶の姐さんへの香典だと百両を預かり、見受山をあとにし都田村へさしかかる
兄弟分の都鳥三兄弟の末弟梅吉(紅なるみ)と再会し都鳥一家へ草鞋をぬぐことにする
都鳥一家では、都鳥吉兵衛(見城たかし後見)が、黒龍屋の花会があり百五十両ないと男になれない、五十両はなんとかなったが、あとの百両がどうにもならない、と弟の常吉(紅友也若手リーダー)と話をしていた
評判が悪いから誰も貸してくれない
石松が訪れると都鳥三兄弟は歓待してくれ、次郎長親分から禁じられてた酒をついつい飲んでしまう
酔いにまかせて石松が、見受山鎌太郎から百両の香典を預かってることをぺろっと喋ってしまい、都鳥吉兵衛と常吉は、必ず返すから金を貸してくれ頼む石さん、おい梅吉おめえも頭を下げろ
最初は絶対に駄目だと断ってた石松だが、兄弟分が頭を下げるのを観て、とうとう百両を借してしまう
花会で目が出ず、石松から借りた百両を返すあての無い都鳥三兄弟
さてどうしよう、と相談していると、2人の旅人が一家を訪れる
元は保下田久六の子分の布橋亀吉(紅ちあき)と島田の文蔵(紅美咲)は、親分の仇の森の石松を殺りたいので力を貸して欲しいと都鳥三兄弟に申し出る
都鳥吉兵衛と常吉は、そうだこいつと石松を戦わせ、石松を後ろから騙し討ちしよう、と悪だくみ
梅吉は石さんを斬るのはやめてくれ、と反対するが、吉兵衛から、
やい梅、義理の兄弟と本当の兄弟とどっちが大事なんだ、と怒られ心ならずも同意した
翌日都鳥三兄弟は石松に、石さん金を返すからと暗闇に誘い出した・・・

小松村七五郎(紅秀吉座長)
お民(紅このみ)
大政(華月慎)
小政(紅新太郎)

<感想>
一幕七場 約1時間5分の芝居
大介祭りの特別公演に相応しい大ネタの演目
紅版森の石松の最期の特徴は、石松と都鳥梅吉が兄弟分という点だ
この設定はあまり拝見したことがないが、劇団美川版の石松がやはり兄弟分の設定だった
同じ同魂会で、互いに影響し合っているというのもあるのかもしれませんな
梅吉を演じた紅なるみは、よわよわしい感じで梅吉の苦悩を演じ、この芝居の見せ場のひとつとなっている
そして特徴のもう一つ
冒頭に登場した清水次郎長が、最後にまた登場し石松の仇を討つ点
広澤虎造の浪曲では、閻魔堂の最期で石松はずたずたに斬られて死ぬが、追分宿の仇討の演目で次郎長一家8人が都鳥一家8人を曲斬りするので石松も成仏できる、つまり物語として完結する
まあ、連続ドラマのようなものなのだ
大衆演劇では、石松がずたずたに斬られて死ぬところで終わる、時間の制約があるからね
ちょうどその折衷案のような形で、きちんと次郎長が石松の仇を討つところに紅劇団の特徴があった
それもあってか、血糊の演出はなかった
そして、最期に意外な形で死んだ石松が登場するのは、結末にひとひねり加えるというこれまた紅劇団の特徴ですなあ
それと、お民を演じた紅このみが、今月の公演で一番良かった
やっぱ役が大きい方が、実力を発揮しますな
なかなか良い芝居やった S級Ⅲ 小結


DSC00863 - コピー
芝居終演後の口上挨拶 紅大介総座長
今後の芝居の紹介、劇団グッズ紹介、前売り券販売など

DSC00790 - コピー - コピー


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yamagutijiji.blog39.fc2.com/tb.php/2986-8f94c73b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック