元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です

唐組の公演が始まったので観劇
唐十郎の出演はなかったが、今回の芝居は唐が15年くらいまえに作った芝居の再演だそうだ

芝居 動物園がなくなる日
動物園が廃園となった、悲しみにふさぐ職員たち
ある日、とあるビジネスホテルに、動物園で働いてた職員が集まってくる・・・

刺激的な長セリフに激しい動き私は一冊だけ唐十郎の本を読んだことがある
有名な、佐川君からの手紙だが、読者一人一人に語り掛けるような文章だった印象があり、芝居の台本とはだいぶ違いますな
これが唐節というものなのか
役者陣は大汗をかいて熱演
とにかく激しい、まさに全身全霊という感じである

ストーリーも奇想天外で、私には少し分かりにくいとこもあった
カバヤとか、ダイバダッタといったサブカル的な懐かしい単語も散りばめている

赤テントを見たときは、感無
状況劇場、唐十郎、唐組のよすがのようなものを感じられた
唐十郎が復帰されるのを待つ

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yamagutijiji.blog39.fc2.com/tb.php/3135-54e77d2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック