元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です

手短に

1.大阪夏の陣で落城寸前の大阪城、淀の方は気が狂っていく・・・
うーむ、淀君を演じた玉三郎は、疑心暗鬼から奥女中を殺し、秀頼の前でも肉欲を求め、最後は秀頼の顔さえ分からなくなってしまった
坪内逍遥原作だそうだ
ここまで酷い淀君の描き方は、テレビや映画などでも初めてだ

2。傾城高尾太夫との仲をとりもってもらおうと、通辞典蔵は相良家家老伝七に便宜をはかるが、伝七と高尾が恋仲であることを知ったとたん、酷い目に合わせる
我慢する伝七だがついに・・・
今回はこちらの芝居が一番面白かった
名山太夫を演じた中村米吉の若く美しい女形とセリフ回しが良かった

3.秋の色種
30分弱の女形舞踊
玉三郎の個人舞踊で始まり、中盤から三人での群舞踊
三人ともきれい
舞踊が全く分からないので、私的には、短い芝居かセリフのある狂言の方が良かったかな

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yamagutijiji.blog39.fc2.com/tb.php/3144-92b4e591
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック