元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です


上野広小路亭から浅草へ移動し浪曲
日本浪曲協会広間で毎週公演をしているそうな
場所を確認すると、木造モルタルっぽい建物で、一見すると貸間のアパートのようだ
中に入ると、田舎の公民館といった風情で畳敷きの広間に高座椅子が並んでいた
観客は15人くらいだったか
日本の一億三千万人の国民の中で、有数の浪曲好きのお客様だ

正面には台にめくりまである
ふっと脇を見ると歴代の浪曲協会の会長の写真、初代から現17代澤会長まで
二代虎造、三代虎造、浦太郎に勝太郎
名人上手が並んでいた

なにやら、つげ義春のリアリズムの宿みたいだが、雰囲気は抜群で私は開演を待った

1.東家孝太郎 国定忠治 入れ札
赤城の山から落ち延びた忠治
信濃路をいくにあたり、子分を三人に絞るため公平を期し入れ札をするが・・・
先日の浪曲祭りでトップを飾った演目は実に素晴らしかったが、この日の公演は実力を発揮できず
まあ、こういう日もあるだろう、人間だもの

2。玉川福助 忠治と山形屋
国定忠治は凶状旅の途中、山形屋にひどい目に合わされ首をくくろうとしてる老人に出会う・・・
こちらもあまり良い出来ではなかったように思う
NHKの収録に合わせた、初めての公演だそうだ
亭号から玉川福太郎のお弟子さんと思われる

20時ころ終演し帰ろうとすると、常連客の方から、打ち上げがありますよ、と声をかけられた

そういえばプログラムにお茶お菓子付きと書いてあった
まだ時間があったので残った
ほとんどのお客さんが残っていたので、恒例事らしい
常連客の方が差し入れで持ち寄ったビールやお菓子やたいやきなどをいただいた
ありがとうござんす

浪曲師の方とも長い話しをさせていただいた
昔の芸人、芸道の厳しさなど伺うことができ、良い思い出となった
ありがとうござんす

浪曲火曜亭、ええなあ

AKB48は、会えるアイドルがキャッチフレーズだが、先日の研修生ライブで当選したにも関わらず追い返されたことを思えば、かなり敷居が高い印象だ
浪曲火曜亭は、浪曲好きの方と話しできるし、浪曲師の方とも直接話せる
ありがたい
良い思い出になりました
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yamagutijiji.blog39.fc2.com/tb.php/3159-a70f5590
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック