元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です


浅草ロック座の番組が変わったので行ってみた
安田志穂が見たかった
少し遅れて入場した私、7演目中、浅い二番目で登場のお目当ての安田志穂は、すでにソロの踊りに入っていた
まあ、ギリギリ間に合って良かったと、前向きに考えた
約7年振りの安田はあまり変わってない
松山道後ミュージックに、ロック座が5人の一座を組んでのったことがあり、その一人が新人の安田だった
安田は、ストは新人だったがダンサーで海外公演をしており、自在なダンス、カモシカのようなふくらはぎは、私の記憶に残っていた

久しぶりに拝見したが、カモシカのようなふくらはぎは健在で、固そうだった
まだストリップの世界で、頑張ってる姿が嬉しかった

日本一のストリップ劇場、浅草ロック座の公演は、掟破りだ
普通のストリップ公演は、1ダンス、ベッドショウ、ポラロイドショウ、最後のオープンショウ、このような流れである

道後ミュージックもそうだし、池袋ミカド劇場もそうだし、三年くらい前拝見した大阪ストリップもそうだった

浅草ロックは、1.郡舞踊のような複数人のダンス、2.ソロダンス だ
従って公演時間は11人も踊り子がいるにも関わらず、一時間四十分と短い

私など、ポラロイドショウが退屈で仕方ない
だから、ロック座の方式がええなあ

宝塚歌劇団にかなり影響を受けてるが、この日のテーマは、和だったように思う

トリは、2ヶ月前にデビューした西田
踊りはこれからといったレベルだが、容姿はなかなか
スラリとのびた手足、九等身と思われる

多くの大衆芸能が、ベテランをトリに据えるが、ストリップは逆だ
若さが大切な要素なので、ベテランは浅い回に出るのかな


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yamagutijiji.blog39.fc2.com/tb.php/3161-1dc696ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック