元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です

前の神田山陽の弟子のすみれさんとお弟子さんが、毎月行っている一門会だそうだ

前座 凌天 村越茂助 誉れの使者

1.こなぎ 吉岡券房
吉岡道場の弟子が、他道場の師範にいたぶらる
それを知った吉岡は・・・

2.山緑 名月若松城
蒲生氏郷の家来西村権九郎は、殿の命を救う
ところが、恩賞もなく冷たい態度に嫌気がさし出奔するが・・・

3.梅湯 山本南龍斎 無心は強い
山伏の芸で食いつめた山本
友の助言で、剣術はできないが大きな身体を生かし道場破りでひと稼ぎすることを思い付くが・・・

4。すみれ 塩原太助 あおの別れ
太助は義理の母と情夫に殺されかけ、江戸へ旅立つ
塩原太助一代記の序章

中入り

5.あおい 幼き日の平賀源内
源内少年は知恵を使い活躍し、薬学をおさめる・・・

6.春陽 次郎長外伝 荒神山 お菊の離縁状
安濃徳に荒神山の縄張りをとられた神戸の長吉は、吉良仁吉を訪れる・・・

良かったねえ
先日聴いた浪曲のお菊は、勝ち気な性格で偽りの離縁状を仁吉に書かせるが、春陽さんの講談ではオーソドックスなタイプで、仁吉が離縁し、恋女房と別れ兄弟分をとる
やはりこっちの方がぐっとくるなあ
神田春陽さんのが、本家の次郎長ものかもしれない
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yamagutijiji.blog39.fc2.com/tb.php/3181-2c102124
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック