元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です
第二部 芸題 残月
<あらすじ>
立花一家の若親分(浅井海斗座長)は二代目として一家を継承したのを機に、身を固めたいと言い出し、芸者のおつや(浅井ひかり)を女房にする
子分たちは喜んだが、1人竹次郎(浅井春道)だけは浮かねえ顔
おつやとは将来を誓い合う仲だったが先代の恩義を考えると言いだせなかった
やがておつやに赤子が生まれたが、二代目は病気となり一家は下がり目
そんな中、竹次郎が故郷に帰りたいと二代目に断りを入れて一家を去る
ところが、おつやが竹次郎のあとを追って一家を出ていった
竹の野郎間男してやがったのか、怒り心頭の二代目は成敗しろと、政吉(浅井雷三若座長)に追手を命じるが・・・

医者(浅井正二郎座長)

<感想>
一幕三場、約1時間の大衆演劇の定番の芝居
関東の方でも良く演じられると聞いたことがある
この日は蓬春座ラインが主要な役柄を、重々しく熱演してましたな
酒井次郎、浅井大空海、加茂川竜子といった面々が端役に回るという、実に贅沢な配役ですなあ

DSC05625 - コピー
口上挨拶 浅井海斗座長
2年前は口上がずいぶん固かったが、すっかり慣れたようですなあ
上手になっている

DSC05612 - コピー
DSC05613 - コピー
DSC05615 - コピー
DSC05616 - コピー
DSC05617 - コピー
DSC05618 - コピー
DSC05619 - コピー

このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yamagutijiji.blog39.fc2.com/tb.php/3209-e556d336
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック