元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です

2018/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312018/08

コピー ~ middle_1153796867

大相撲九州場所が終わった
テレビでだがけっこ観れた、観れない時は深夜のダイジェストで観た
私なりの感想

白鵬が断トツに強かった、驚異の40回目の優勝だが、まだまだいけそうだ、50回くらいは優勝しそう
11日目の待ったの長い時間の抗議は私は今まで観たことがなく、非常に醜い姿だった
注意の処分が下されたがもっと重い処分でも良かったと思う
先場所の日馬富士も似たような取り組があったが、自分から立ってて途中で待ったをかけるというのは、意味が分からない
白鵬は張り差しというのか、立ち合いで猫だまし的に相手の顔を張って、自分の有利な体勢になるのは朝青龍の真似だと思うが、横綱らしくない
白鵬は、後の先とか木鶏にあらず、とか言うことがあり、これは昭和の大横綱双葉山の真似だと思うが、意味が分かっているのだろうか、やってるのは先の先である
対抗して横綱と対戦するとき顔を張るといいと思う、白鵬がいつもやってることなので、張られても文句は言えないはずだ

白鵬以外の横綱大関は、誰一人対抗できず不甲斐ない、最高が豪栄道の9勝とは
鶴竜、稀勢の里は4場所連続の休場となったので、来場所から正念場となってくるな
そろそろ横綱審議委員会が、ぐちぐち言いだす頃だ
先場所も多かったが、9人もの休場者は、ちと寂しい

白鵬以外の横綱大関が、休場したり不甲斐なかったので、相対的に下位の力士が活躍して面白かった面もある
北勝富士は力強くて良かった、いずれ大関になるな、11勝
貴景勝の勢いも凄かったなあ、来場所は三役だろう、将来が楽しみ、11勝
玉鷲は三賞もらえなかったと嘆いていたが、全くその通りで前頭筆頭で11勝だし初日から横綱、大関を破っており技能賞あたりはもらえて当然だと思うな
阿武咲は良く勝ち越した、感心した、前に落ちて負けることが多かったが引くより若武者らしくていい、8勝
変てこ相撲の宇良が見られなかったのは誠に残念だったが、完全に怪我を治して欲しい、十両に落ちる来場所休んで幕下に落ちても治すの優先してくれ、怪我で長期に休場し地獄を観た琴風が大関になった例もある
今や協会ナンバー2の事業部長だ
安美錦涙の敢闘賞だったが、大怪我をし復活した大ベテランえらかった

日馬富士の暴行問題について
日馬富士は、退職金無しの解雇の処分で良いと思う
40発、ビール瓶ではなく、日馬富士の言う通りの素手で10発と、リモコンで殴っただけで解雇に値する
稽古場の土俵でというのならともかく、飲み屋で酒を飲んでの暴行であるので言い逃れはできない
しかも、格闘家の素手は凶器とみなされる
無理偏に拳骨と書いて兄弟子と読む、なぞと言う言葉もあり、可愛がりと称する稽古や、親方が弟子を竹刀でバシバシ叩いたりというのは昔からあったが、他の部屋の力士をブン殴って怪我をさせるというのは、あまり聞いたことがない
北尾が付き人をなぐったので集団脱走したり、おかみさんの膝を蹴ったりして辞めたが、それにしても自分とこの部屋の中の話である
会社員が違う会社の人間を10発殴って怪我させて警察に捕まったら、普通は解雇でしょうな
日馬富士は、解雇するのが原則であろう

貴ノ岩に対する暴行や、怪我の程度は良く分からないので警察と相撲協会の調査を待つしかない
ワイドショウなどでみる情報は、本人がこう言ってたとか、こう思うと言ったような証拠の無い話が多い
どちらか側の人間が何らかの意図があって言ってることも、中には混ざってそうだ
診断書も良く分からない、頭蓋骨骨折の疑いありだが治ってるので退院させた、と言うが、もし相撲とって脳にダメージを受けるような病気にでもなったら、責任をとれるのだろうか
ちゃんとした病院で、今からでもちゃんと診断書を取った方が良い

本場所も終わったので、貴ノ岩と貴乃花の師弟は、そろそろきちんと説明せねばならないでしょうな
これこれこういう暴行を受けて、これだけの怪我を負った、と
相撲協会の調査に協力しても問題ありませんよ、と島根県警は言っている
10月29日に島根警察に暴行の被害届を出しておいて、11月の本場所前に貴ノ岩は階段から落ちたと嘘の報告した貴乃花の行動も良く分からない
理由は分からないが、被害者側だから隠したというのは、平の年寄ならまだ通用するかもしれないが、貴乃花は相撲協会を運営する理事の一人である
しかも当事者の巡業部長
被害を受けた力士の親方ならそれでもいいかもしれないが、理事としては失格だろう
政府文部科学大臣は八角理事長に、今回の暴行事件を調査し報告せよ、と言っている
貴乃花が調査に協力しないのなら、理事を辞める若しくは、来年初場所後にある理事選挙には出るべきではない
その資格は無いだろう
今回の不可思議な行動は、八角理事長に対する私怨のような気がしてならない
あなた方は信用できない、という言葉にあらわれている
知事長選挙で負けた八角理事長の足を引っ張ろうという作戦だろうか、分からない

ということで結論
前にも記事にしたことがあるが、私は外人力士には帰ってもらいたいと思っている
大麻を吸ったり、横綱らしくない張り差しをするし、暴れるし
今は暴力に厳しくて、部屋の親方とかでも床山を殴ったとかで首になっている
日本人だけでやって欲しい
辞めさせることができないのなら、新しく外人は雇わない
一時期大相撲を席巻したハワイ力士が現在いないのは、新しく雇わなかったからである
それもだめなら、外人は横綱禁止
横綱は、横綱らしい品格が求められ、日馬富士にも朝青龍にも、白鵬にも横綱の品格がないと思う
白鵬は40回の優勝、朝青龍は25回の優勝があり、一代年寄になれるほどの実績があるが、生涯に10回しか負けたことがなかったと言われる雷電為右衛門という史上最強の力士は、横綱でなく大関だったという例もある
二所一門中興の祖の玉錦は、3回連続優勝しても、素行が悪いということで、横綱昇進が見送られた例がある
横綱には相撲界の手本とならねばならない責任があるが、大関なら責任はゆるいだろう

大相撲はスポーツでもあるんだけど、江戸時代から続いてる伝統芸能でもある
前近代的な、徒弟制度を少しづつ形を変えながら維持し、女性が土俵に上がるのを禁止している、これは伝統を守っている芸能のため
アマチュア相撲では、女の選手がいたりとスポーツ色が強い
髪の毛の色を染めたり、パーマをかけたりしてる野球選手やサッカー選手とは異なる、なぜなら伝統芸能でもあるからである
歌舞伎というものがあり、女の役者は不可で、名門の家の子でなければ名題にはなれない
なぜなら伝統芸能だからである
日本国憲法で保障されてる男女同権は許されず、家柄によって差別もまかり通っている
大相撲にも、大正デモクラシーの影響か、大相撲の近代化という波があった
昭和初期の春秋園事件である
天竜を首領とした一派は春秋園で血判し、関取の三分の二の同士たちは髷をちょん切り、ざんばら頭で新相撲協会を立ち上げた

貴乃花は、理事を辞める若しくは来年初場所後の理事選挙は辞退する
大横綱で、本来ならいずれ理事長になるべき人材だが、彼が理事長なら相撲協会は路頭に迷うだろう
常々仲間がいるので、といってるので、貴乃花グループの9人の仲間だちで新しく相撲協会を立ち上げるのが良いのでは
新相撲協会を立ちあげて、貴乃花の理想の相撲道を歩むべきだ
それが筋で、相撲協会にいるのなら協力せねばならない
まして、現在は理事である
貴乃花は、若い時栄養が体の方にばかりいき大横綱になれたが、脳に栄養が不足したのだろうか
奇行が目立つ

ああ、やっと大相撲人気が回復してきたのに、ほんと水を差すような大事件
早期に解決して欲しいね

最期に、来年初場所の番付予想

東 西
白鵬     横綱   稀勢の里
日馬富士  横綱   鶴竜
豪栄道   大関   高安
御嶽海   関脇   玉鷲
貴景勝   小結   阿武咲
北勝富士  前頭1   逸ノ城
嘉風     前頭2  栃ノ心
琴奨菊   前頭3   荒鷲


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yamagutijiji.blog39.fc2.com/tb.php/3223-f48df398
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック