FC2ブログ
元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です

2018/081234567891011121314151617181920212223242526272829302018/10

middle_1153892453.jpg

若い力でフランス優勝
19歳のエムバペちゅうのは、新神の子やね
次回は超大物になってるだろうな
グリーズマンも良かったし、控えの若きデンペレも存在感を魅せた、次回はエースかシャドウストライカーだろう
そして、GKロリス、なんども止めた、いやあ素晴らしい優勝だった
それにしても、フランスの極右政党は、移民の子が大勢いるフランス代表をどう思ってんだろう
移民は認めない、とかちゃんと言ってるのかな、言動不一致で応援してたらおかしいぜ

準優勝のクロアチアも素晴らしかったな
欧州予選では、アイスランドに敗れてプレーオフでかろうじて本戦出場したそうだけど、
グループリーグを断トツで突破し、決勝トーナメントでは、昔の逆転のPLみたいな劇的な勝利で初めての準優勝
歴史を作ったねえ

まあ、今回のW杯をひとことでいうなら、波乱の大会だった
各地区予選で、オランダ、イタリア、アメリカといった、サッカー強国が敗退し本戦出場を逃し
グループリーグ戦では、優勝候補最右翼のドイツや、ポーランドが姿を消し
決勝Tでは、ロナウド、メッシなどのスーパースターを擁するポルトガルやアルゼンチン、スペインなどが早々に敗退し
準々決勝では、最後に残ったもう一人の横綱のブラジルがベルギーに完敗といった感じで、横綱大関が倒れて行った
そんな中、フランス、クロアチア、ベルギー、イングランドのいわば大関小結クラスが勢いに乗り、新時代を築いた感じだ
エムバペ、ルカクといった新しい力も目立ち、新旧を感じた

さて私が優勝候補に挙げた、ドイツ、ブラジル、アルゼンチンは、どんどこ敗れ、予想は全敗ですわな、とほほ

でもまあ総評として、おもしろい大会だった、だ
いやあ、いい試合が多かった

日曜の朝のTBSで、張本がまだサッカーやってるの日本負けたのに観ませんよ、とアホなこと言ってたが、
歴史に残るような凄い試合は、やっぱ決勝Tだった
グループリーグとは、レベルが違う試合が多かったな

そして日本
私の予想は、3戦全敗だろう、最大勝って1勝1敗1分けで決勝Tを目指すだったが
グループリーグ最終のポーランド戦では、誠に不細工な負け逃げでかろうじて突破
たが決勝T1回戦では、いい試合を魅せてくれた

対ベルギー戦では、後半に入ったとたん2点を先取し、もしや勝てるかもと思ってるうちに3点取られて逆転されるという、まるでジェットコースターかフリーフォールといった、とんでも試合を演じ、喜ばせてくれた
西野監督は、短い期間でよくまとめたと思う、感謝だ

ただ、その西野監督が言ったとおり、日本は1勝2敗1分けしかできなかった、というのも正しくて
その1勝も1人少ないコロンビア戦で得た勝利だったね
いわば、ぎりぎりの決勝T進出だった
まあ、十両力士が幕内上位や三役と戦って勝ったり負けたり善戦したというのは、心に残った
愛媛出身の長友もいい動きをしてたし、いわゆる半端ない大迫や乾、原口といったところも活躍し、本田も存在感を魅せた
来季の監督は、もし決勝Tで勝利してたら、西野監督に10年くらい任せたらいいんじゃなかろうかと思ったが、
そうではないので、ドイツ人の監督か、U21の日本人監督にするのか、どっちがいいんだろう
ドイツ人には断られたらしいが

まあ、とにかくテレビ観戦なれど、おもしろい1カ月だった
眠い目をこすりながら、良く見たぜい
あと4年、待ち遠しい


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
関連記事
コメント
この記事へのコメント
W杯
終わっちゃいましたね。
2018/07/16(月) 05:43 | URL | 凡・ハヤト #xGAltab.[ 編集]
凡さん
終わりました
寂しい限りです、あと4年待たねばなりませんな
2018/07/19(木) 05:24 | URL | 山口ジジイ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yamagutijiji.blog39.fc2.com/tb.php/3296-b50decac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック