FC2ブログ
元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です

2018/101234567891011121314151617181920212223242526272829302018/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
初優勝で横綱になった稀勢の里は、言葉は悪いが上げ底横綱だったといえよう
本来の相撲協会の内規では、二場所連続優勝か優勝に準ずる成績を残した比類なき力士に贈られる地位なのである

北尾の横綱昇進は、当時の相撲協会の事情によるものがあったように思う
千代の富士全盛のころで、北の湖、隆ノ里が引退し1人横綱となる
東西に横綱がいないのは数十年ぶりで、番付表にはまるで張出横綱の如く、1人横綱の千代の富士が四角に囲まれて1人だけ東に載っていた
相撲協会は焦っていたのだろう
千代の富士と優勝争いできる力士を欲していた
そこへ白羽の矢がたったのが、北尾
22歳くらいだったかなあ、新人類力士、パソコン力士なぞと呼ばれ、大きなナイフを集めていたのを覚えてる
相撲協会の興行的事情で、一度も優勝することなく横綱にさせられ、悲劇の力士となった
もちろん彼に人格的欠落があったことは間違いないのだが、本来の2場所連続優勝で横綱昇進の原則を守り先延ばししていたら、人間的にも成長しあんなに調子にのった態度をとらなかったかもしれない
それは、歴史のIFであり、分からないけれど

北尾が一度も優勝することなく横綱となり廃業したことの反省で、北尾廃業以後の横綱昇進は厳しくなった
北尾以前は、適当な感じだったが、その後内規に沿った本来の横綱推挙
直後に迷惑を被ったのが、旭富士からだったなあ
優勝、準優勝を繰り返しても、横綱には推挙されず、二場所連続優勝して横綱になった
あの大横綱の貴乃花だって好成績を残したのに、横綱審議委員会から蹴られたこともある
彼も二場所連続優勝を果たして、初めて横綱になれたのだ


このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yamagutijiji.blog39.fc2.com/tb.php/3305-693e7093
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。