FC2ブログ
元失業者の現在労働者 健康で文化的な最低限度の生活をめざす劣等社会人のブログ 世の中厳しいですが、がんばりましょう 大衆演劇と競輪初心者です

2018/081234567891011121314151617181920212223242526272829302018/10

DSC06994 - コピー

春風亭ぴっかりは小朝の弟子、アイドルだか女優だかを目指したあと落語界に入ったと聞いたことがある
同じような例として、講談界の女講談師がおり、昔川柳川柳がなりぞこないが講談師になっているとギャグにしてた
まあ、噺家も講談師も厳しい世界だから、続いてるというのは凄いことだと思う
実はこの日のお目当ては、ゲスト柳家花ん謝
ついに真打ち、来月からは真打ち披露公演が始まるそうだ、愛媛出身の新進気鋭の噺家さんだ
客席は満席100人くらい
キティーホールは初めていったが、元は映画館だったと聞いている
以下覚書

1.任侠流山動物園 緋牡丹のお政篇 春風亭ぴっかり
  流れ豚の渡世人のブタ次が、うちの動物園がピンチなので助けて欲しいと上野動物園のパンダ親分に頼むが・・・
2.竹の水仙 ゲスト柳家花ん謝
  宿代が払えない貧相な客が、宿代をこしらえましょうと竹細工の水仙の蕾を拵えるが・・・
中入り

3.トークコーナー ぴっかり、花ん謝

4.動物園 ぴっかり
  貧乏な男が動物園に雇われ、着ぐるみを着て虎になりすますアルバイトをするが・・・
5.任侠流山動物園 ベルサイユ抗争篇 ぴっかり
  流れ豚のブタ次が旅の途中で兎親分とマリーアントワ猫の抗争に巻き込まれる・・・

任侠流山動物園シリーズは三遊亭白鳥の創作落語で、春風亭ぴっかりが教えてもらい公演してるとのこと
全10編あるそうで、今回は3番目と4番目とのこと
動物を擬人化して、映画緋牡丹博徒やベルサイユのばらの漫画や宝塚版の有名な場面や台詞をパロディー化して噺のギャグにしている
あの弟子に厳しい三遊亭圓丈師が著作の中で、白鳥の笑いに対する貪欲さを認め褒めている
私は昔、にいがた時代の白鳥さんを聴いたことがある

さて、柳家花ん謝の竹の水仙、これは良かったねえ
左甚五郎の活躍する痛快噺ですな、大きなネタで良かった
新真打ちとなった来年あたりに、愛媛での凱旋公演だな

DSC06995 - コピー

このブログは、皆様方の応援により成り立ってます。ポチっとお願いします
    ↓         
にほんブログ村 演劇・ダンスブログ 大衆演劇へ

人気ブログランキングへ
ありがとうござんす
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yamagutijiji.blog39.fc2.com/tb.php/3318-101e94b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック